学生の窓口編集部

写真拡大

こんにちは、日本大学理工学部4年の@Genです。

▼@Genさんの記事をもっと見る
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/463

みなさんはケーキがお好きですか? 大切な日やちょっとした自分へのご褒美のときにはケーキを食べる人もいるのではないでしょうか。そんなケーキは、いったいどこでどのように作られているか気になりますよね。実はパティシエではなくアルバイトの手で飾り付けなどを行っていたりする場合もあるのです。そこで今回は、僕の体験談から、手軽にできるケーキ工場でのバイトの紹介をします。


■基本情報

ジャンル:コンビニで売られているケーキの作成
仕事内容: 工場内でケーキの飾り付けなどの作業
時給(交通費あり・なし):時給は1200円。交通費別途支給あり
シフト:9〜18時

■身だしなみについて

髪型は自由ですが、ひげはNGです。ピアスは作業時には外します。制服は支給されます。

■バイトで学んだこと

コンビニで売られているケーキ一つとっても、とてもたくさんの人が関わっているのだと学びました。例えば、パンケーキの周りについている紙をはがしたり、クリームをぬったり、イチゴをのせたりと、本当にさまざま。いま例に挙げたのはほんの一部ですが、たくさんの方の力によってやっと一つのケーキが出来上がり。

■バイトをやっていてつらかったこと

単純作業が苦手な方にはとてもしんどいかもしれません。6時間同じ作業を繰り返すのは、エネルギーを使わなくていいですが、一方で楽しさがないので時間の進みがとてもゆっくりになります。また、せっかく作ったケーキが少しでも形が崩れていたりするとごみ扱いになり1日にとんでもない量のケーキが捨てられてしまいます。せっかく作ったケーキがごみになっているのをみるとやはり切なくなってきます。それから、何度も手を洗ったり体にごみがついていないように何度もチェックをして風を体にあてるので、その作業が少し面倒です。

■おすすめポイント

あまり体力的には疲れません。私が行ったのは、椅子に座ってイチゴを乗せ続けるだけでした。なので、力仕事系が苦手な方や人と接するのが苦手な方におすすめです。私の場合、他に力仕事のバイトをした後に家でゆっくり寝るのはもったいないと思い、力仕事のバイトと掛け持ちをして、休む代わりにこのバイトを行っていました。

また、工場はどこも人出不足なので、たとえば「明日お願いします」とお願いしてもすぐに工場でバイトができます。急に予定がなくなった際には、すぐにお願いすれば工場でバイトができることもおすすめなポイントです。「ケーキを作りたいけど家ではオーブンがないから作れない」「道具や材料をその得るのが面倒」という方にも手軽にケーキを作ることができるので、楽しめるはずですよ。

▶ポジティブorネガティブ度診断! あなたは前向き?ネクラ?


■まとめ

ケーキ工場でのバイトは力もいらず、仕事内容も簡単なので誰でも行えます。年齢もさまざまな方がいるので休憩時間などに声をかけて仲良くなってみるといいでしょう。その人がどんな人生を歩んできたかなどを垣間見ることができます。みんな親切なので嫌な顔をせずに話してくれるはず。興味を持った方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

文・@Gen