画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ミュージカル『ビリー・エリオット〜リトル・ダンサー〜』のプレスコールが21日に東京・TBS赤坂ACTシアターで行われ、ビリー役の加藤航世、木村咲哉、前田晴翔、未来和樹、山城力、ビリーの父親役の吉田鋼太郎&益岡徹、バレエ教師・ウィルキンソン役の柚希礼音&島田歌穂が取材に応じた

同作は、日本では『リトル・ダンサー』として知られる映画『BILLY ELLIOT』を2006年にイギリスでミュージカル化し、数々の賞を受賞した。映画で同作の監督を務めたスティーヴン・ダルドリーが演出を務め、エルトン・ジョンが音楽を担当した。イギリス北部の町の少年・ビリーは、炭鉱労働者の父に反対されながらも、バレエダンサーとしての才能を開花させていく。

19日よりプレビュー公演が行われているが、吉田は観客の反応に「僕らも想像つかなかったほど」「たじろいだくらいです」と驚き、「考えている以上のものになっている」としみじみ。ビリー役の少年たちについても「とに

かくこいつらがすごいっす。今のうちにつぶしておかないと!」と笑わせる。「観ないと絶対損です。心から言います」と強くアピールした。

すでにステージに立った加藤は「すんごい拍手をもらえて、気持ちよかったです」と満足げな様子。前田は「最初はちょっと緊張してたんですけど、やりながら緊張が解けてきて、どんどん楽しくなっていって」と初日を振り返り、「最後のフィナーレの『フィニッシュ!』というセリフを言うのが、気持ち良くて、幕が上がって1人だけで舞台に立ってお辞儀するのが気持ち良くて、気持ち良かったです」と何度も舞台上の気持ち良さを語った。

本日初日を迎える熊本出身の未来は、オーディション時に母親と劇場を見に来たことを明かし「『1年後、またここに来れたらいいね』という話をしていて、今ここまで来ることができたので、本当に嬉しくて」としっかりとエピソードを披露した。22日に本番を迎える木村は「僕は舞台袖では緊張してもいいと思ってるんですけど、舞台に立ったら緊張を見せないようにしたいです」と大人顔負けの持論を語る。

また、キャスト発表後の成長により追加のビリーとなった山城は「去年から毎日レッスンを頑張ってきて……」と感極まった様子で言葉に詰まり、父親役の吉田が「がんばれ! 思ったこと何でもしゃべれ!」と激励。8月からビリーとして舞台に立つ山城は「今日から、トールボーイという役を1カ月やるんですけど、色々な経験をして、8月20日にビリー役でも爆発させたいです」と笑顔を見せた。

ビリーおすすめのシーンを聞かれると、5人中4人が、父親からバレエを禁止されたビリーが感情を爆発させる「Angry Dance」をピックアップ。未来は「毎回やるたびに気持ちが変わる」と魅力を表し、山城は「シンガポールから日本に来て、家族に反対もいっぱいされて叫ぶ時もあったので、ビリーの気持ちがよくわかった」と共感した。また、前田は「Angry Danceと、Expressing Yourselfと、Electricityと……」とどんどん曲を挙げていき、未来から「全部言うんじゃない?」とつっこまれていた。

東京公演はTBS赤坂ACTシアターにて、プレビュー公演が7月19日〜23日、本公演が7月25日〜10月1日。大阪公演は梅田芸術劇場 メインホールにて10月15日〜11月4日。