7月21日、KinKi KidsのCDデビューから、20年がたつ。その記念日に、彼らの初主演連続ドラマと初MCバラエティー番組の2番組がスペシャルで奇跡の復活を果たす。

 当時18才だったKinKi Kidsが初めて主演した連続ドラマが『ぼくらの勇気 未満都市』(1997年10〜12月放送)。大地震のニュースを知って幕原地区に来たヤマト(堂本光一)とタケル(堂本剛)。しかし、それは政府による情報操作で、封鎖された街は微生物「T幕原型」に汚染されていた。大人は死に絶え、街に残ったのは未成年者だけ。ヤマトやタケルは暴力に支配された子供だけの街で、さまざまな困難を乗り越えながら仲間を作り、秩序を取り戻していく──という物語。

 そして、7月21日21時に『金曜ロードSHOW!』特別ドラマ企画として、日本テレビ系で放送されるのが『ぼくらの勇気 未満都市2017』だ。連続ドラマの最終話で、ヤマトが「20年後の今日、またこの場所に集まろう」と言った約束が果たされる。2017年の12月24日、約束の場所で再会した2人はアキラ(相葉雅紀)を見つけるが、その後、行方不明となる。かつての仲間たちに連絡を取るうちに、2人は「T幕原型」が再びよみがえったのではと推測するが…。

『ぼくらの勇気 未満都市2017』について、KinKi Kidsの2人が思いを明かしてくれた。

 堂本剛(38才)はこう語る。

「20年の時を経て、再びタケルに会える喜びを感じています。あの頃の若さゆえの真っすぐな正義感、純粋な気持ちを懐かしく思いながらも、大人になったタケルを生きたいと思います。多感な時期に出会ったスタッフの皆さんと、一緒にものづくりができるご縁に感謝しながら楽しみたいです」

 堂本光一(38才)はこう語る。

「大人たちに立ち向かっていた自分たちが大人になり、逆の視点から感じた真っすぐな思いを、再びヤマトを通して表現できる楽しみを噛みしめています。当時ご覧いただいていたかたはもちろんですが、初めてのかたがたにも楽しんでもらいながら、思いが伝われば幸いです」

 一方、1996年から2001年まで、KinKi Kidsと吉田拓郎(71)がMCを務めた伝説の音楽バラエティー番組が『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ系)。毎週1組のゲストを迎え、トークコーナーと音楽コーナーで構成。KinKi Kidsが吉田からギターを習ったり、番組のテーマ曲作りやゲストとのセッションにも挑戦した。

 こちらも7月21日、『LOVE LOVE あいしてる 16年ぶりの復活SP』(フジテレビ系、23時)としてスペシャル番組が放送される。レギュラー出演していた篠原ともえ(38才)が、毎回、本番前にゲストの楽屋に訪問して楽しいトークを展開した「篠原ともえのプリプリプリティ!」も復活。レギュラー当時、篠原はゲストからゲットしたグッズを毎回プレゼントしていたが、今回のスペシャルでは果たして…?

 この『LOVE LOVE あいしてる』の復活についても、KinKi Kidsの2人からメッセージをもらった。まずは剛から。

「当時の番組もとても自由だったのですが、今回も打ち合わせだけでワクワクするような感じで、収録をとても楽しみにしていました。何よりこうしてみんなと一緒にやれたことがうれしくて、本当にあっという間でしたね。もっとずっと収録していたかったくらいです」

 続いて光一から。

「テーマソングの『全部だきしめて』の演奏中のお客さんのムードもよくて、いろいろ思い出してきて、じわじわと感動がきました。スタジオで撮ったものは、拓郎さんたちとの日頃の仲を凝縮したものですが、それでもあふれ出てしまう仲のよさがオンエアされると思います」

※女性セブン2017年8月3日号