「アイドル学校」放送4週目に8人が脱落…ランキングの変化に注目

写真拡大

「アイドル学校」側が退所ルールに関してコメントを明かした。

21日、Mnet「アイドル学校」の関係者はTVレポートに「退所ルールは突然できたものではない。コンセプト上計画されていたものだ」と伝えた。

韓国で20日に放送された「アイドル学校」では、40人の学生が退所のルールに対する説明を聞く姿が公開された。放送4週目である2週後、最も低い成績を記録した8人が退所措置となる予定だ。退所の危機に置かれた8人はホン・シウ、キム・ナヨン、TASHA、ヤン・ヨンジ、チョ・セリム、チョ・ヨンジュ、イ・ダヒ、Snow Babyだ。

これに関連し関係者は「4週目に下位圏の成績を記録した8人が退所することになる。今後も追加で退所する学生がいるだろう」と説明した。

続いて「すでにランキングに変動が起きた。下位圏の学生たちがどんなどんでん返しを作り上げるか、成長する過程に集中してほしい。2週間でどれほど成長し、変化するのかを見るのも鑑賞のポイントとなるだろう」とつけ加えた。