CROSS GENE シン、新ドラマ「20世紀少年少女」に出演決定…ハン・イェスルの弟役

写真拡大

CROSS GENEのシンが、ハン・イェスルの弟になる。

21日、シンの所属事務所であるアミューズは「シンがMBC新月火ドラマ『20世紀少年少女』にキャスティングされた」と伝えた。

アイドル出身俳優であるサ・ジンジン(ハン・イェスル) の弟サ・ミンホ役を演じる。サ・ミンホは抜群のルックスとスタイルに名門大学出身だが、現在就活生3年目で家の邪魔者になった人物だ。

多数の作品でコン・ユ、チョン・ジヒョン、イ・ミンホなどと呼吸を合わせてきたシンは、今回のドラマでハン・イェスルと初めて呼吸を合わせる。一見すると抜群のビジュアルを誇示する兄妹だが、実際には韓国の一般的でリアルな兄妹の姿を見せる予定で、二人が披露する変わったケミ(相手との相性) にさらに期待が高まる。

シンが合流した「20世紀少年少女」は、幼い頃から同じ町で育った35歳、35年間付き合ってきた3人の女性たちが下手な愛と深い友情を通じて成長していく過程を描いた、感性溢れるロマンスドラマだ。

「応答せよ1997」など「応答せよ」シリーズを手掛けたイ・ソネ脚本家と「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」「運命のように君を愛している」「女王の教室」などの演出を担当したイ・ドンユンプロデューサーがタッグを組んだ作品で、ハン・イェスル、キム・ジソク、リュ・ヒョンギョン、イ・サンウ、オ・サンジンなどが出演し、韓国で9月に初放送される。

シンは、総合編成チャンネルJTBC2「ヤン・セチャンのTEN 2」に続き、8月7日に初放送されるケーブルチャンネルO'live TVのバラエティ番組「執事ができた」にもレギュラー出演するなど、バラエティでも活躍を続けていく予定だ。