Photo by cinemacafe.net

写真拡大

エルトン・ジョンの人生をテーマに描く伝記映画『Rocketman』(原題)でエルトンを演じる俳優が変更になりそうだ。トム・ハーディがエルトン役に決定したと報じられていたが、現在ほかの俳優が交渉中だという。
その俳優とはタロン・エガートン。『Rocketman』(原題)を監督するデクスター・フレッチャー&マシュー・ヴォーンと内輪の話し合いが行われているそうだ。タロンはフレッチャー監督の『イーグルジャンプ』に主演、ヴォーン監督の『キングスマン』『キングスマン:ゴールデン・サークル』に出演しており、どちらの監督とも顔なじみ。エルトン本人も『キングスマン:ゴールデン・サークル』に出演していたり、タロンは声優を務めた『SING/シング』でエルトンの楽曲を歌っていたりと、エルトンとタロンにもつながりと縁がある。

エルトン役を演じるからには“歌えること”が必要条件の1つになるだろう。『SING/シング』で歌を披露したタロンはこの点をクリア。一方、トムにとって歌うことはハードルがかなり高かったようだ。エルトン役に決定した2015年、「The Sun」紙に「俺は歌手じゃないから、本当にどうしていいかわからないよ」「『Rocketman』のために一生懸命練習しているんだけど、歌手のように口を開くって難しいね」とちょっとした弱音を吐いていた。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
エルトン・ジョン、伝記映画が舞台化へ
エルトン・ジョン、南米ツアー中に感染症にかかりL.A.公演中止
エルトン・ジョン、「プラダを着た悪魔」をミュージカル化
マドンナ、伝記映画の製作を批判!「他人が語る権利はない」
マドンナの伝記映画『Blond Ambition』を製作へ