三枚堂達也四段に敗れプロ2敗目を喫しガックリうなだる藤井聡太四段(奥)=千駄ヶ谷・将棋会館(撮影・三好信也)

写真拡大

 将棋の藤井聡太四段(15)が21日、東京の将棋会館で行われた「上州YAMADAチャレンジ杯」の準々決勝に出場し、三枚堂達也四段(24)に敗れた。19日に誕生日を迎えた藤井四段にとって15歳になって最初の対局を白星で飾れなかった。これでプロ入り後2敗目で通算成績は31勝2敗となった。

 グレーのスラックスに濃いグレーのジャケットというスタイルで先に対局室に入った藤井四段。飲み物には国内産ウーロン茶を持参していた。8分ほど後に入った三枚堂四段が振駒により先手となり、対局は午後1時から始まった。持ち時間は各20分、切れた後は30秒という早指しで行われた。

 途中、攻勢に出た藤井四段だったが、三枚堂四段は丁寧に受けきり、藤井四段の攻め手をつぶしていった。早指しであるがゆえに寄せきれない場面もあったのか、終盤が長い対局となったが、219手、1時間46分に及ぶ熱戦の末、後手の藤井四段が投了した。

 藤井四段は「先行されて、こちらの玉が薄い展開だったので、終始、自信はなかったですね。終盤が長い将棋でしたけど、最後は押し切られてしまったという感じです」と冷静に感想を語った。

 三枚堂四段は、藤井四段がプロになる前に将棋を指したことがあるため、「個人的には楽しみにしていた」対局だった。「終盤が長い将棋で、(自分が)あまりいい手も指せていたのか分からなかったですけど。一応、負けないように、気持ちをとりあえず入れて指そうと思っていました」と振り返った。