パヴェル・ポリャンスキー選手(所属チーム「BORA(ボーラ)」の選手紹介ページより)

写真拡大

世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」。104回目を数える2017年大会が7月1日(日本時間、以下同)に開幕し、23日まで開催される。全長3540キロにおよぶレースは、ドイツ・デュッセルドルフからスタートし、フランス・パリのシャンゼリゼで決着を迎える。

その過酷さから毎年ケガ人が続出することでも知られるが、今大会初出場となるパヴェル・ポリャンスキー選手(ポーランド)の「脚」画像が、「大会の厳しさを物語る」として注目を集めている。

「Oh my good!!!.」

この画像はポリャンスキー選手が19日、自身のインスタグラムに投稿した。太ももからつま先にかけ、全体的に血の気が失せたように青白くなっており、血管が痛々しく浮かび上がっている。

「After sixteen stages I think my legs look little tired」

とコメントが添えられており、どうやら16ステージ(全21ステージ)を終えたのち、自身の両脚を撮影したようだ。

16ステージは165キロの行程で争われた。15ステージを終えすでに2664キロを走破しており、この日は連日の猛暑に加え、横風が強く吹きつけるなど選手を苦しめた。

レースのし烈さがひしひしと伝わってくるこの画像。コメント欄には、

「Oh my good!!!.」
「Great work , tough job」
「Respect!」

と驚きの声や励ましのメッセージなどが多数寄せられた。中には、にわかに信じられないのか、「Is this real or photoshopped?」と、画像編集ソフトを使ったと思わせるほど衝撃を受けていたユーザーもいた。

なお、ポリャンスキー選手は18ステージを終えて、個人総合81位。日本人で唯一出場している新城幸也選手は108位につけている。