マ・ドンソク&キム・セロン主演映画 「コムテンイ」本日(21日)初めての撮影に突入

写真拡大

俳優マ・ドンソクとキム・セロンが、映画「コムテンイ」(仮題) の撮影に突入した。

「コムテンイ」側は本日(21日) 午前、「マ・ドンソク、キム・セロン、イ・サンヨプ、チャン・グァンなど最近主なキャスティングを決定した。本日(21日) 本格的な撮影を始める」と明らかにした。

「コムテンイ」は不慮の事件によって地方の高校に赴任することになった体育教師キ・チョル(マ・ドンソク) と、突然消えてしまった友達の失踪に疑問を持つ女子高生ユジン(キム・セロン) が共に事件を暴きながら繰り広げられる物語を描く。

マ・ドンソクは体育教師ギチョルの役どころでカムバックする。静かに現実に順応して生きていこうとしたが、ユジンに会って次第に正義感を抱くようになる人物。特有の落ち着いていて強烈な一面を見せることだろうと期待を集める。

キム・セロンは女子高生ユジンに扮し、落ち着いた魅力を発揮する見通しだ。誰も信じない友達の失踪事件に積極的に乗り出して、不義の声を高めるキャラクターだ。

イ・サンヨプは美術教師チソン役を演じる。チャン・グァンは高校の理事長であり、郡守を夢見るギテ役を引き受けて、劇に緊張感を吹き込む。

演出を引き受けたイム・ジンスン監督は、「信じて見ることができる俳優が合流して、より一層心強い。作品を通じて、私たちの社会に正義がまだ生きているということを披露したい」と伝えた。

「コムテンイ」は韓国で来年公開される予定だ。