KPI、XEENシネマレンズ8モデルを発売開始

写真拡大

株式会社ケンコープロフェショナルイメージング(KPI)は、4K+の解像度に対応するシネマレンズ「XEEN」の発売を開始した。詳細は以下の通り。

写真左上から14mmT3.1、16mmT2.6、20mmT1.9、24mmT1.5、35mmT1.5、50mmT1.5、85mmT1.5、135mmT2.2

(以下、プレスリリースより引用)

■特徴

  • 4K+用“Xコーティング”技術がもたらす最高の光学性能
  • 自然できれいな円形のボケを作り出す11枚の絞り羽根
  • クリックなしの絞りリング
  • ピントおよび絞りリング位置はすべてのレンズで統一
  • メートル表示またはフィート表示の目盛付きフォーカススケール
  • 低照度撮影に強いT1.5
  • フルフォーマット(36×24mm)
  • すべてのレンズで統一されたフロント径
  • 堅牢で信頼性のあるメタルハウジング
  • 5種類のマウントに対応(EF、F、E、MFT、PL)

■ラインナップ

  • 焦点距離:14mmT3.1、16mmT2.6、20mmT1.9、24mmT1.5、35mmT1.5、50mmT1.5、85mmT1.5、135mmT2.2

■価格:各312,500円(税別)