ある日、冷蔵庫からジッパーバッグを取り出した@kuredericaさん。その中には、夫のためにとっておいた『肉』が入っていました。

その肉に、4歳の娘は興味津々。ジッパーバッグに書かれていた文字について、「なんて書いてあるの?」と質問してきたそうです。

「パパのお肉って書いてあるんだよ」

深く考えずに、そう答えた投稿者さん。

すると娘の顔はたちまち曇り、こんなひと言が飛び出したのです!

「パパを…殺したの?」

そうじゃなーーーい!

多くの人は「パパのお肉」といわれたら、「パパが食べる分のお肉」と考えると思います。

しかし、娘さんは、投稿者さんがパパを殺してしまったと勘違いしたのです。

驚いてしまう発想力。4歳の子どもは、大人が考えているよりもさまざまな物に興味を持ち、たくさんのことを学習しているのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]