橋本マナミ

写真拡大

21日放送の「バイキング 」(フジテレビ系)で、橋本マナミが、稲田朋美防衛大臣を痛烈批判した。

番組では、南スーダン国連平和維持活動(PKO)における陸上自衛隊の日報問題を取り上げた。日報を廃棄したとしながら陸上自衛隊が保管していた問題で、稲田大臣は報道で発覚するまで「知らなかった」「隠蔽はしていません」と述べていた。

だが新たな報道によると、稲田大臣が2月13日に自衛隊幹部から説明を受けていたという証言が浮上してきたのだ。説明を受けていたことが事実となると、稲田大臣はその後の国会では虚偽答弁を続けていたになるという。

こうした問題について、コメントを求められた橋本は「発言も二転三転するし、大臣としての資質がない」と稲田大臣を批判する。続けて、稲田大臣の容姿に言及し「綺麗に着飾っている」「女を武器にしてそこまでのし上がってきた人なのかなって思っちゃう」と感想を述べていた。

司会の坂上忍が「それちょっと何とも言い切れない!」「服装とかも自由」と、橋本の発言に驚きつつ稲田大臣をフォロー。一方で「結果の世界だから。結果出してくれないと」と、今後の対応次第だと指摘したのだった。

【関連記事】
稲田朋美防衛大臣の会見での姿に現役弁護士も「弁護士というより証人っぽい」
稲田朋美防衛大臣の「厳粛」発言に非難殺到 室井佑月氏「壊れてるみたい」
室井佑月氏 稲田朋美防衛大臣の発言撤回を批判「撤回すれば済むと思って」