イ・ジョンソク、入隊間近で降板?YGがコメント「令状を受けたのは事実」

写真拡大

俳優イ・ジョンソクが映画「魔女」の出演を断ったのは軍隊の召集令状を受けたからだという報道が流れた中、所属事務所が立場を明かした。

21日、YG ENTERTAINMENTは「イ・ジョンソクが最近令状を受けた。まだ入隊の時期などは決まってない」と明かした。

また当初出演を約束したパク・フンジョン監督の次期作「魔女」の出演を断ったことに対して「令状を受けたこととそれは別件だ。休息を取りたいというイ・ジョンソクの意見を尊重し、申し訳ないと思いながらも出演を断ることにした」と説明した。

イ・ジョンソクは8月に映画「VIP」の韓国公開を控えている。「VIP」は国家情報院とCIAの企画によって北朝鮮から来たVIPが連続殺人事件の容疑者として指目された状況でそれを隠蔽しようとする者と捕まえようとする者、復讐しようとする者、お互い異なる目的を持っている4人の男の物語を描く。