【詳細】他の写真はこちら

5月27日、「スナップチャット」CEOの億万長者、エヴァン・スピーゲル氏と結婚したスーパーモデルのミランダ・カー。カリフォルニアの自宅にて約45人の家族や友人を招いて挙式。とはいえ、これまでまったく報じられることがなかったその様子。2カ月近く経った今、ようやく詳細が明らかに。どうやらUS版『ヴォーグ』の独占取材を行なっていたようで、挙式当日の模様に加えて、ドレスのフィッティングの様子にまで密着。『ヴォーグ』がインスタグラムやYouTubeなどで写真や動画をアップしはじめると同時に、世界のメディアが一斉に報道をスタート。

インスピレーションはグレース・ケリー



『ヴォーグ』によると。ミランダの純白のウェディングドレスのデザインを手がけたのは、マリア・グラツィア・キウリ率いるディオール。1956年にモナコ大公レーニエ3世と結婚して公妃となった、女優グレース・ケリーのウェディングドレスがインスピレーションの源だとか。「これまで私はファッションに関しては大いに楽しんできたし、以前はもっとワイルドで、奔放で、ボヘミアンだったわ。でも、人生のこの時点に来て、私のスタイルは落ち着いたの。私の最大のインスピレーションの源は、いつもグレース・ケリーやオードリー・ヘップバーン、そして80歳になっても、ごく自然にシックでいる私の祖母。彼女はステキなパンツに白いブラウス、スカーフと、ちょっぴりヒールの付いた靴というスタイルよ」とミランダは語っている。



Mirandaさん(@mirandakerr)がシェアした投稿 -







Mirandaさん(@mirandakerr)がシェアした投稿 -



挙式中は「スナップチャット」は禁止!



当日は、朝からヨガを一緒にやって緊張を和らげたという新郎・新婦。ミランダと前夫オーランド・ブルームとの間の6歳になる息子、フリン君が結婚指輪を運ぶ役目を担い、挙式の間中ミランダはずっと泣いていたそう。26歳の「スナップチャット」CEOと34歳のスーパーモデルの超セレブな結婚式。とはいえ、ごく内輪のみで行われて、こじんまりと親密度の高い雰囲気だった様子。ちなみに新郎がCEOを務める「スナップチャット」をはじめ、SNSの使用は一切禁止だったとか。ちょっぴり皮肉っぽくもありますが。



Mirandaさん(@mirandakerr)がシェアした投稿 -

デザインを手がけたディオールのマリア・グラツィア・キウリとミランダ



出典:gettyimages

外部サイト