画像提供:マイナビニュース

写真拡大

女優の仲間由紀恵と俳優の山本耕史が、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で8月4日(21:00〜23:24)に放送される映画『ジュラシック・ワールド』の吹き替えを担当することが21日、明らかになった。

仲間が演じるのは、ブライス・ダラス・ハワードふんする「ジュラシック・ワールド」のオペレーション・マネージャー、クレア役。パーク来場者のニーズに手際よく対応しながらも、パーク全体の収益にまで目を向けるというキャリア・ウーマンだ。

オファーを受けて「すごくうれしかったです」という仲間は「洋画でのアフレコは初めての経験でしたので、自分の声だけでいろんな表現をするということが、私の中では不安もありましたけど、楽しみな挑戦でもありました」といい、「恐竜映画として、迫力があり面白いのはもちろんですが、人間ドラマとしても素晴らしい作品になっていますので、ぜひご覧ください」と見どころを語っている。

一方の山本が演じるのは、クリス・プラットふんする恐竜行動学のエキスパート、オーウェン役。元軍人で、攻撃的な恐竜・ヴェロキラプトルを長年調教し、信頼関係を築くことに成功した人物となっている。

山本は「声をあてるという作業は、俳優さんと声を出す人が違うので、自分の感覚でやるのとはまた違って、とっても勉強にもなるし、面白いなと思いながらやらせてもらいました」と収録を振り返り、「本当にいろんな世代の人が息つく間もなくストーリーに飲み込まれてゆく、その世界の中にどっぷり入りこんでいくような作品です。男の子は特にドキドキ、ワクワクするだけでもとっても楽しめると思います」と呼びかけた。

『金曜ロードSHOW!』では、7月28日(21:00〜23:24)に、映画『ジュラシック・パーク』を放送。「2週連続ジュラシック祭り」と題して盛り上げる。

(C) 2015 Universal Studios and Amblin Entertainment, LLC. All Rights Reserved.