サッカーのJ1浦和は21日、さいたま市内で首位C大阪戦(22日・ヤンマー)に向けて調整した。

 ミハイロ・ペトロビッチ監督は「非常に厳しいゲームになる。相手は首位にいるチーム。われわれより9ポイント上にいる。規律があり、ハードワークし、コンパクトにいくチームだ」と敬意を表しつつ「ただ、われわれは何をすべきか、頭の中に入っている。全員で勝利のために戦いたい」と勝ち点3奪取を誓った。

 ここまでリーグ戦は11試合連続失点中と守備陣に不安を残す。指揮官は「相手は明日は自陣にこもってカウンターをしかけてくるだろう」と試合展開を想定。その上で「われわれがそういう展開で決めきれず、速攻で点をとられれば残念な結果になる。結果が重視されるのがサッカーの世界。C大阪はスーパーでわれわれはそうでないと言われる。だが、サッカーの質がどうかは見ている人が判断しなければならない」と自らのスタイルに自信を口にした。