近藤サト

写真拡大

 元フジテレビでフリーアナウンサーの近藤サト(49)が21日放送のフジテレビ系「バイキング」で、南スーダンPKO部隊の日報隠蔽問題について、「一緒に背負って出て行ってほしい」と、窮地に陥っている稲田朋美防衛相(58)、任命した安倍晋三首相(62)ともども退場を促した。

 近藤は「稲田さんの言葉っていうのは、歴代の大臣の中で、まあ最もというぐらい、心に響かないんですよねえ。何を言っても、ホントにそう思ってるのかしら?って、すごく思ってしまって。今回に関して、窮地に立たされていると言っても、もうずっと窮地に立たされてきたじゃないですか。だから、彼女に大臣としての資質はほぼないということは明確で」と、言葉を用いるアナウンサーらしい表現で稲田氏に防衛相失格の烙印(らくいん)を押した。

 その上で「だから、私は、特に防衛大臣を任命した任命責任ってすごい安倍さんにあると思うんですけども。最も大臣として自衛隊とか防衛相の人たちの人心を掌握しなきゃいけない立場なのに、何でこんな人事をしちゃったのかな?ホントにつらいところですよね」と、安倍首相の任命責任を厳しく指摘。

 その後、近藤はなぜか稲田氏に「やめてほしくないです」と言い始め、元宮崎県知事、元衆院議員でタレントの東国原英夫(59)に「(地位にしがみつくことで)政治的に死んでほしいんでしょ?」と図星を指されると「そう!そうです!」と我が意を得たりといった表情。

 「と同時に、安倍総理に、彼女はたぶん負債ですよ、安倍内閣の負債として、一緒に背負って出て行ってほしい」と、安倍首相ともども退場を宣告していた。