[シドニー 21日 ロイター] - 豪ドルは21日、2年ぶり高値から反落した。オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)のデベル副総裁が、豪中銀が海外の利上げの動きに自動的に追随する理由ないと発言したことが材料視されている。

同副総裁は、欧米金融当局の間で見られる最近のタカ派的な流れについて、オーストラリアでも利上げが必要だということには必ずしもならないとの見方を示した。

豪ドル<AUD=D4>は1%近く下げ、0.7881米ドルをつけた。今週豪ドルは一時、0.7992米ドルまで上昇していた。