マージャンやるなら川の中 猛暑の中国・四川省

写真拡大

マージャンを愛する中国・四川省の人たちが、猛暑の中でも涼しく過ごす変わった方法を発見した。

うだるような暑さでも大好きなボードゲームはやめられない――。そんな時はどうする?

靴下も靴も脱ぎ捨て、椅子と傘を持って川に行くのはどうだろう。

酷暑に見舞われている四川省都江堰市の人たちが、まさにそうしている。マージャンに勝とうが負けようが、少なくとも暑さには打ち勝っている。

都江堰市の川マージャンは、数年前から人気の夏の風物詩なのだ。

そして確かに暑い。地元メディアによると、ここ数日の都江堰市の気温は40度の一歩手前まで上昇した。

マージャンは古くから伝わる中国のボードゲームで、よくお年寄りが公園で遊んでいる姿が見える。しかし最近のただならぬ気温は、遊びでは済まない。

英国の国民保健サービスNHSが推奨する暑さ対策は、「冷たいお風呂、またはシャワーを浴びて、冷たい水を身体にかけること」だ。

川の中でマージャンをしている人たちいわく、靴がたまに流されてしまうのが唯一の問題だと、地元メディアは伝えている。

靴が流される問題はあるものの、それでも「最高です」というのが参加者の評価だ。地元紙が投稿したビデオでは、「涼んでリフレッシュしながら、マージャンを楽しめるんですから」と参加者が話している。

(英語記事 Chinese mahjong lovers take to the river to beat the heat