FWキリアン・ムバッペの移籍を巡って市場が混乱している

写真拡大

 今夏の移籍市場で最も注目を集めると言っても過言ではないモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペだが、ルールぎりぎりの駆け引きがされているようだ。モナコは「いくつかの重要なヨーロッパのクラブ」に違法な接触があったと非難。国際サッカー連盟(FIFA)に提訴する構えを見せている。

 18歳の逸材を巡ってはマンチェスター・シティ、パリSG、アーセナル、そしてレアル・マドリーが獲得に乗り出しているとされる。ただ移籍金は高騰するばかり。モナコは最低でも1億3000万ユーロ(約166億円)を要求しているとされ、市場は混乱している。

 モナコは「いくつかの重要なヨーロッパのクラブが許可なくムバッペとその関係者に接触した。これはフランスフットボールリーグの規約と選手の移籍に関するFIFAの規約に抵触するものであると忠告する。受け入れがたい状況にあるために、モナコは法的な手続きを取る準備を進めている」と警告した。


●欧州移籍情報2017-18