今じゃ絶対ムリ!スパイクメーカー2社と契約した選手の話が面白い

写真拡大

フットボールに欠かせないアイテムといえば、スパイクだろう。

『talkSPORT』がそのスパイクを巡る興味深い話題を伝えていたので紹介する。

マンチェスター・シティでデビューし、1970年代にイングランド代表としてもプレーしたFWスタン・ボウルズの話だ。QPRでは300試合以上に出場し、7年に渡って『10番』を着けたレジェンドでもある。

当時彼は『Gola』というスパイクブランドと契約しており、代表戦1試合をプレーするごとに200ポンドのボーナスを貰っていたそう。なんでもメーカーの担当者が金の詰まったブリーフケースを持って契約選手たちが滞在するホテルにやって来ていたとか。

スタン・ボウルズ

「『Gola』のTシャツを着て紙面に載ると、インセンティブとしてさらに50ポンド貰えたんだよ。なので常にそういうことに熱心だった」

その後、『adidas』の担当者がやって来て、彼に250ポンドでの契約を持ちかけてきたそう。

スタン・ボウルズ

「早いクリスマスがやって来た、と思ったね。

(チームメイトからどうする?と聞かれると以下のように答えた。)

450ポンドのためなら、それぞれのスパイクを片足ずつ履くさ。

私がやったことを数日後まで誰も気付かなかったよ。だが、それが分かった時、彼ら(メーカー)はあまりご機嫌じゃなかったね」

どうやら試合で実際に片方ずつ履き、契約金をダブルゲットしていたらしい…。今なら考えられないことだろうか。