リバプールに所属するフィリッペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールに所属する25歳のブラジル代表FWフィリッペ・コウチーニョ獲得を狙うバルセロナだが、リバプールは同選手の売却に消極的なようだ。20日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、バルセロナはコウチーニョ獲得に向けて移籍金7000万ポンド(約102億円)以上を支払う準備は出来るが、リバプール側は 「100%売却できない」と答えているという。

 コウチーニョは以前、バルセロナから関心を示されていることについて「僕にはリバプールとの契約がある」と語っていた。今年1月に契約延長し、2022年6月まで契約を残していることを考えても、コウチーニョ本人は移籍を考えていないのかもしれない。

text by 編集部