出典:Shutterstock.com

肌を出したり水着を着たり、今の時期はダイエットに励んでいる人も多いのではありませんか? さまざまなダイエット方法がありますが、ダイエット中は大好きなおやつが食べられないのが悩みですよね。でも、ガマンしてストレスを抱えてしまうとダイエットそのものを続けられなくなったりして逆効果になることも。そこで、ダイエット中にオススメなおやつをご紹介。さらに、食べるときに気をつけたいポイントもお届けします。

■ダイエット中にオススメな意外なおやつ

ダイエット中は避けていたあのおやつも、食べ方や量を気をつければ食べることができちゃうんです!

⒈涼しさも一緒に取れる冷凍フルーツ


出典:Shutterstock.com

おやつを選ぶときに気にしたいのが「GI」と呼ばれる数値です。食べ物を食べたときの、血糖値の上がりやすさを数値でしたもので、このGI値が高い食べ物は血糖値が上がりやすく、脂肪になりやすいといわれています。フルーツは糖分が多いけれど、このGI値が高くないのでダイエット中にオススメなのです。凍らせて食べれば噛む回数が増えるので満足感がより得られる上に、今の季節なら暑さもしのげちゃいます。ちなみに、パイナップルとスイカはGI値が高めなので気をつけて。

⒉お腹が膨らみやすいポップコーン


出典:Shutterstock.com

トウモロコシが原料のポップコーンは糖質が多いのでダイエット中はガマンしている人もいそうですが、少量ならおやつに最適。ポップコーンは食物繊維をたくさん含んでいるので他のスナック菓子に比べてお腹が膨らみやすいのです。どうしてもスナック菓子が食べたいときには塩味のポップコーンを選んでみて。

⒊甘いものが食べたいときはチョコレート


出典:Shutterstock.com

甘いものの代表ともいえるチョコレートもダイエット中は避けがち。でも、実はカカオの含有量が70%以上のチョコレートはガマンしなくてもいいんです。代謝を上げる働きのあるカカオポリフェノールというものがダイエットの強い味方になるので、小腹が空いたときにひとかけ食べる、など量さえ気をつければOK。

■おやつを食べるときに注意したいコト




出典:Shutterstock.com

そうはいってもやっぱりダイエット中。おやつを食べるときにはいくつか注意したいポイントがあります。

例えばいつでも食べてもいいのか? というとそれはダメ。夜は体を動かすことが少なくカロリーを消費しにくいので太りやすい状態。寝る時間の3時間前までには食事はもちろん、おやつも終わらせましょう。また、ダイエット中におすすめといっても食べ過ぎは良くありません。1日に摂取するおやつのカロリーは100kcal程度を目安にしましょう。


出典:Shutterstock.com

ダイエット中の空腹感は仕方のないものですが、あまりに激しい空腹感はストレスやイライラにつながります。ガマンしてばかりのダイエットは続けることも苦しくなるので、適度なおやつを食べてストレスフリーで楽しくダイエットに取り組んでみませんか?