大好きな彼との連絡は、毎日でもとりたいと考えている人もいれば、たまに連絡出来ればいいと考えている人などさまざまです。連絡をしつこくしすぎると重たく感じてしまう彼もいるかもしれません。今回は、理想の連絡の頻度や内容についてご紹介します。

いつでも繋がっていたいから…毎日連絡したい! 



出典:Shutterstock.com

大好きな彼だから、声も毎日聞きたいし、連絡も頻繁にとりたいと思っている女性も多いはず。朝のおはようからはじまり、夜のおやすみまでたくさん話したいことがあるものです。しかし、毎日連絡をとることが義務になってしまうと、彼は重く感じてしまうかもしれません。お互い連絡をとりたいときに連絡して、例え返事がすぐ帰ってこなくても気にしすぎないことがポイント。内容も、毎日の長電話や長文ラインでは疲れてしまいます。毎日こまめに連絡とる場合は、短文で内容も端的にまとめるといいでしょう。

週3回から週4回の連絡が理想? 




出典:Shutterstock.com

大好きな彼との連絡は頻繁にとっていたいけど、彼も仕事があるし、毎日連絡するのはどうなんだろう…と考えている人も多いでしょう。そんな人は、お互い負担にならない程度の回数である、週3回から週4回の連絡がちょうどいいかも。男性は、特に束縛されるのを嫌がります。束縛しない程度の回数で、ほどよく距離を保ったほうが、ふたりの関係が長続きするかもしれません。彼を気遣ったり、寂しい思いをかわいく伝えてみたり、彼が喜ぶ内容にするとよりよいでしょう。また、自分が一方的に連絡をしすぎるのではなく、たまには彼から連絡がくるのを待ってみることも大切です。

週に1回程度の連絡はさすがに寂しい? 




出典:Shutterstock.com

男友達がたくさんいる人や、たくさんの趣味をもっている人、毎日の仕事が忙しい人、自分の時間や自分のペースを大切にしたいと思っている人は多いでしょう。しかし、女性側は、週に1回しか連絡をとれないことに不安や不満を感じてしまうかもしれません。その場合は、素直に寂しい気持ちを伝え「もっと連絡してもいい?」と彼に相談してみてください。日々の連絡もふたりの大事なコミュニケーションのひとつ。お互いの気持ちをすり合わせて、お互いがよいと思えるスタイルになるのが理想です。

ラインや電話の頻度は、カップルによってさまざま。一番大事なのは、ふたりの負担にならない程度に連絡をとりあうこと。自分の思いを押し付けすぎると、ふたりの関係は長続きしないかもしれないので注意してください。