出典:Shutterstock.com

乳酸菌が腸によいということは何となく知っているけれど、実際どんな効果があるか深く理解していないという人も多いはず。意外と知られていない、乳酸菌の隠れた効果をご紹介しましょう!

腸内が整えばお肌も整う! 乳酸菌の美容効果



出典:Shutterstock.com

1. 肌の調子を整える
腸内の乳酸菌の数が少なくなると、便秘しやすい状態になると言われています。老廃物である便が体内にたまると皮膚からも老廃物を排出しようと働きだし、肌荒れの原因になってしまう可能性も。そこでしっかりと乳酸菌をとるようにすると、腸内の善玉菌が活発になり腸内環境が整いやすくなります。その結果、お通じがよくなって老廃物が外へ排出されるため、肌荒れが改善されていくのです。

2. ダイエットをサポート
乳酸菌とひと口にいっても、その種類はさまざま。その中で、ガセリ菌SP株とよばれる乳酸菌に、内臓脂肪の蓄積を抑制する効果があることがわかっています。また、腸の働きが低下すると、新陳代謝が低下する原因に。ダイエットに欠かせない新陳代謝を上げるため、乳酸菌で腸内活動を改善しましょう。

健康な体づくりには必須! 乳酸菌が役立つ



出典:Shutterstock.com

1. 免疫力アップ
人間の免疫細胞の多くが腸に集中していることをご存知ですか? 腸内に取り込まれた善玉菌により、異物を排泄する働きのパイエル板が活性化すると言われています。そのため、細菌などの抵抗力が高まります。

2. 花粉症予防
一見何の関係もないように思える花粉症ですが、実は腸内環境が影響していると言われています。乳酸菌が持つ整腸作用で免疫力がアップし、新陳代謝も高まることで花粉症の体質改善が期待できます。

3. アレルギー症状の改善
アレルギー症状の原因となるアレルゲン。このアレルゲンに対抗しようとしてIgEという物質が生産されることにより、アレルギー症状が起きる状態に。乳酸菌にはIgEを抑制する働きがあり、結果としてアレルギー症状の緩和や改善につながることがあります。

生きたまま腸へ! 乳酸菌のおすすめのとり方&注意点



出典:Shutterstock.com

乳酸菌が、いかに私たちの美容と健康によい影響を与えてくれるかがわかりました。そこで、より効果的に乳酸菌が体内で活動できるように、以下のことに気をつけましょう。

・乳酸菌は胃酸に弱いので、食後にとる
・乳酸菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維と一緒にとる
・賞味期限間近になると乳酸菌が減っていくので、早いうちにとる
・すぐに効果はでないので、2週間続けてみる

腸内環境は、健康面だけでなく美容面にも影響していると言われています。乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料、チーズや漬物、味噌など手軽に摂取できるものが多いので、ぜひとるタイミングを意識してお試しくださいね。