プロが伝授!オフィスでもOKな大人のカラーアイメイク♡

写真拡大

毎日のオフィスメイク、どうしてもブラウンカラーでついついマンネリがちになっていませんか? かといって、カラーシャドウを使うと浮いて見えるのが恐いし……。そんな時には、“ボルドー”と“ネイビー”カラーを上手にとり入れてみてはいかがでしょうか?

オフィスでもアラサーでもOKなカラーシャドウテクニックは、カラーアイライナーとのWテクニックにポイントがあるのです。

そこで今回は、プロのヘアメイクとして年間1,000人以上もの女性を美しく変身させている筆者が「オフィスでもOKな大人のカラーアイメイク」をご紹介します。

■引き締めカラーで“ボルドー”と“ネイビー”をチョイス

パステル系のアイシャドーが流行していますが、オフィスで使うとどうしても“休日メイク”に見られがち。ブラウンカラーのメイクがオフィスに向いているのは、キリッとした印象に見えるからなのですね。

そこで、まずは目元のアイラインにブラウンに近い“ボルドー”とブラックに近い“ネイビー”をチョイス。目のキワを引き締めることで、目元に強さが生まれます。

 ■アイライナーと相性の良いカラーシャドウを選ぶ

カラーアイライナーも、単色で使ってしまうと悪目立ちしてしまい逆効果というもの。グラデーションテクニックのひとつとして、カラーアイライナーとアイシャドウとのW効果でパステル系カラーでも大人な雰囲気を演出することが出来ます。

■ボルドーアイラインには、“ピンク”“ラベンダー”“ゴールド”が相性◎

ボルドーカラーには赤みと茶色が含まれているので、同じ系列のピンク、パープル、ゴールドのパステルカラーシャドウと組み合わせるとバランスがグッド。

目のキワが程よくブラウンで落ち着いた印象になり、赤みもプラスされてとても女性らしい印象を作ることが出来ます。

 ■ネイビーアイラインには“スカイブルー”“グレー”“パープル”が相性◎

ネイビーカラーには青みとブラックが含まれているので、同じ系列のスカイブルー、グレー(シルバー)、パープルのパステルカラーシャドウと組み合わせるとバランスがグッド。

どれもオフィス向きでは無いように見えるカラーでも、目のキワがブラックで引き締められるので、キリッとした大人の女性を演出出来ますよ。

いかがでしたか?ちょっとした使い方でオフィスメイクもグンと幅広いアイメイクが楽しめるようになります。ぜひ、大人のカラーメイクを試してみてくださいね。

プロが伝授!オフィスでもOKな大人のカラーアイメイク♡はWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

古賀真知子

メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」