7月20日、AbemaTV(アベマTV)にて極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱がMCを務める『極楽とんぼKAKERUTV』(毎週木曜21時〜22時)の企画で「芸人のリリックにかける!G-スタイルダンジョンREC-2-1」が放送された。同企画は、フリースタイルのラップバトルで芸人ナンバー1を決めようというもの。5月に放送された第一弾の好評を受けて今回、第二弾が開催された。

 スタジオを沸かしたのは、最後に登場したウーマンラッシュアワーの中川パラダイスと前回チャンピオンとなったこりゃめでてーなの大江健次によるバトル。

 曲が始まると中川は、大江に対して前回チャンピオンになったことを祝福するラップを披露。しかしそのあとには「でも、尊敬するには値しねえ。なぜならお前お笑いでぜんぜん結果出してねえ」とディスり始めた。そして「俺、パラダイスちゃんと結果出してる。ウーマンラッシュアワーの漫才最高だぜ」と自身を絶賛するラップを続けると、大江は「確かにTHE MANZAIのチャンピオンおめでとうって言いたい。でも分解すると村本さんが結果出してんの。そうでしょ、漫才の横で黙ってたまに声出す男がフリースタイルラップできるわけねえ」と中川を指摘。ここで中川は、「黙ってるだけで毎月100万転がり込んでくるぜ。お前にこの気持ちわかるか。俺は黙って、お笑いしてなくても一生安泰、相方がいるから。お前も最高の相方見つけろよ」と、ほとんど仕事をしていなくても毎月100万円も給料をもらっていることを暴露した。

 さらに大江は、中川の単独ライブにはお客さんが17人しか入らなかったことを暴き、自身の先月のよしもとの給料は1万2000円しかもらっていないことを告白。それでも一生懸命働いていることをラップにのせて、バトルは終了した。結果、勝負は審査員の全員一致により大江が勝利した。

(c)AbemaTV