「ときのお茶」シリーズ

写真拡大 (全4枚)

 濃い緑茶、抹茶入りの緑茶、数種類のブレンド茶など、成分をウリにしたお茶は多いが、このお茶のウリは“ コンセプト”。「茶屋すずわ」(鈴和商店・静岡市)は、暮らしのシーンに合わせて選んで楽しめる「ときのお茶」シリーズを発売した。

 「めざめのお茶」は、気持ちの良い一日を始めるための目覚めの1杯に最適な緑茶。“大切な一日を爽やかな気分で始めてほしい”という思いで煎茶と芽茶をブレンドしている。淹れた瞬間の立ち昇る香りが、一日の始まりを爽快にしてくれるはず。

 「おやつのお茶」のコンセプトは“お気に入りのおやつとともにリフレッシュする時間を過ごしてほしい”。深蒸し緑茶を使用し、渋みが少なく、コクがあり、柔らかい飲み口になっている。

 「おやすみのお茶」は、“がんばった一日の終わりに、くつろぎの時間を過ごしてほしい”というのがコンセプト。香り成分にリラックス効果があるといわれている焙じ茶は、カフェイン含有量が少なく寝る前におすすめ。

 いずれも茶葉・ティーバッグタイプの2種類で、価格は各1,080円(税込み)。