景気拡大で人手不足がバブル期並み 一方で賃金の伸びは鈍い状況

ざっくり言うと

  • 石原伸晃経済財政相が21日の閣議に、2017年度の経済財政白書を提出した
  • 現在の景気回復基調は戦後3番目の長さとし、人手不足がバブル期並みと分析
  • 一方で、賃金の伸びはバブル期の年平均3.6%と比べて0.4%と鈍い状況とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング