By Kevin Krejci

実物大の施設での走行実験が開始されて実現へ向けて大きく一歩を進めた超音速輸送手段の「ハイパーループ」に関して、この構想の提唱者であるイーロン・マスク氏が政府関係者から建設に向けた承認を取り付けたことをツイートで公表しています。

Elon Musk Just Announced He Has Approval to Build a 29-Minute Hyperloop From NY to DC

https://futurism.com/elon-musk-just-announced-he-has-approval-to-build-a-29-minute-hyperloop-from-ny-to-dc/

マスク氏が投稿したツイートがコレ。まず最初のツイートで「ニューヨークからフィラデルフィア、ボルチモアを経由してワシントンD.C.までを29分で結ぶハイパーループの地下トンネルをBoring Companyが掘る計画への承認を、政府の人物から口頭で受けた」と明かし、続くツイートで「各都市の中心部をつなぐ形。また、それぞれの駅には12個かそれ以上の出入り口エレベーターを設置する」と明らかにしています。





マスク氏も明らかにしているように、現段階では口頭での(verbal)承認である点には留意が必要で、続くツイートで「正式な承認を得るまでには、まだたくさんの作業が必要だが、早く実現するだろうと楽観的な気分」ともツイートしています。今後はさらに複雑になるであろう各種許認可などの「お役所仕事」が待ち構えている模様ですが、計画を進める方向の姿勢が示されたことで、実現に向けた流れが生みだされることになるのかもしれません。また、マスク氏はどの人物から承認を得たのかについてや、今後のスケジュールなどは明らかにはしていません。





マスク氏のツイートには「ウチの街にもハイパーループを!」という声が寄せられています。テキサス州に住む女性とみられる人物は「テキサスにもハイパーループは来ますか?ダラス〜ヒューストン〜サンアントニオ〜オースチン、みたいな(女子の秘めた夢……)」とリプライしたところ、マスク氏は「もちろん。まずはロサンゼルスのひどい渋滞を緩和するためのトンネルを掘り、同時並行でニューヨーク〜ワシントンDCを作る。そしておそらくロス〜サンフランシスコとテキサス州のハイパーループがその後に作られる」と返答しています。





また、イギリスに住む男性とみられる人物は「イギリスに乗り込んで計画中の高速鉄道網HS2をハイパーループに入れ替える可能性は?」というツイートには、「地下を通るハイパーループは、地上の混乱を引き起こさず、それでいて比べものにならないぐらい速いので、それが正しい進むべき道だと思う」と答えています。





さらにマスク氏は「計画の実現を望む人は、どうか地元の議員に知らせてください。あなたたちから聞かされることで、大きな変化が起こるでしょう」とツイートしています。





この計画で興味深いのは、「ハイパーループの地下トンネル」を、マスク氏が別に立ち上げていたトンネル建設会社「The Boring Company」が作る計画である点にあると言えそう。当初はSpaceX社の駐車場につながるトンネルを建設する計画から立ち上がったThe Boring Companyでしたが、意外なところでハイパーループ構想のトンネルを掘ることになるという、点と点のつながるプランが生まれようとしています。