Rettyグルメニュース

写真拡大 (全5枚)

京都で大人気の「喫茶マドラグ」の「コロナの玉子サンド」をご存知でしょうか?
実は昨年、東京・神楽坂のラカグ1Fにも進出し、東京でも本店の味をそのままにいただけるとあって、注目を集めています!

▲コロナの玉子サンドイッチ(850円)

「コロナの玉子サンド」は、惜しまれつつ閉店した京都の老舗洋食店「コロナ」のマスターから、マドラグ店主の山崎三四郎裕崇(さんしろうひろたか)さんが引き継いだ伝説のサンドイッチ。山崎さんは、そのレシピを元に、玉子とパンによりふんわり感をプラスし、進化させたそうです。

 

パンに挟む玉子は、牛乳と昆布ダシで卵を伸ばしたダシ巻き玉子。東京では馴染みがないかもしれませんが、関西では玉子サンドには玉子焼きを挟むのが一般的なのだとか。

注文ごとに焼く玉子焼きは、卵を4個も使いボリューム満点。
ダシを吸うとパンがしぼんでしまうため、玉子を乗せる方のパンは、より厚めにカットし、出来上がりの厚さを揃えています。

分厚い玉子はインパクト抜群!
インスタで人気なのも納得です。
口に含むとダシのうま味がジュワ〜っと、滲み出てきます。

ふわふわ玉子と昆布ダシの優しいうま味を、ふんわり包み込むパン。シンプルですが、なんとも上品な味わいがたまらない贅沢サンド。卵が4個も入っているのに、ふんわりと軽〜く、意外にもあっさりいただけます!


パンの片側にはデミグラスソースとケチャップを合わせたソース、もう片方にはマスタードとマヨネーズを合わせたソースが塗られていて、このソースがまた絶妙なアクセントに。

神楽坂店マドラグ店長 佐藤道行さん

「本店の味を守るため、毎朝焼いたパンを京都から運んでいます。おかげさまで平日は1日50個、土日は100個と、東京でも多くのお客様に召し上がっていただいています」(佐藤さん)

手で持つのが難しいほど、柔らかく分厚い玉子のサンドイッチ。上手な食べ方を佐藤さんに聞いたところ、まず玉子を半分に割って、デミグラスソース側を食べ、次にマスタードマヨネーズソースを食べ、最後に一緒に食べるのがオススメの食べ方だそうです。

京都の喫茶店のマスターのこだわりがつまった伝説の玉子サンド。心も和む優しい美味しさをぜひ堪能してみてください!

 

https://retty.me/area/PRE13/ARE6/SUB604/100001298121/