フランス・パリで行われた授賞式で歌うバーバラ・ウェルデンスさん。CITIZENSIDE提供(2016年11月24日撮影、資料写真)。(c)CITIZENSIDE/Caroline PAUX

写真拡大

【AFP=時事】フランス南西部の教会でコンサートをしていた歌手のバーバラ・ウェルデンス(Barbara Weldens)さん(35)がステージ上で突然倒れ死亡した。現場周辺は当時、暴風雨が吹き荒れており感電が原因とみられている。地元当局が20日明らかにした。

 現場は仏南西部ボルドー(Bordeaux)から約200キロの中世の街並みが残るグルドン(Gourdon)村の教会。

 教会が停電し、ウェルデンスさんは19日午前0時(日本時間同7時)ごろステージ上で突然倒れた。救急隊が駆け付けたが蘇生させることはできなかった。現在、原因の調査が行われている。
【翻訳編集】AFPBB News