ジェイミー=リン・シグラー

写真拡大

マフィア一家を描く人気ドラマ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』で、メドウ・ソプラノを演じたジェイミー=リン・シグラーが第二子を懐妊したことが明らかとなった。米E!Onlineが報じている。

今月18日(火)にジェイミーは、陽性反応が出た妊娠検査薬を5本並べて、その隣に横たわる自身の写真を画像共有サイトInstagramに投稿。「先月の母の日に、夫に同じ写真を送ったの。イスラエルから戻ったばかりの時差ボケ状態だったから、自分の目を疑ってしまったわ。5本も検査薬を使って確認したのよ。あと数ヵ月でもう一人赤ちゃんが生まれるということを報告できてワクワクしているの」と妊娠の喜びを伝えている。

ジェイミーと夫でプロ野球選手のカッター・ダイクストラの間には、2013年に第一子となるボー・カイルくんが誕生。20歳の時に多発性硬化症だと診断されていた彼女はインタビューで、「心のどこかで、疾患のせいで二人目を妊娠できないんじゃないかと心配していたの。でも、子作りを始めてすぐに妊娠できたのよ!」とコメントし、二人目の子どものママになることが待ちきれない様子。

ボーくんの妊娠中は疾患が寛解状態だったとのことで、ジェイミーは以前のインタビューで、「妊娠って素晴らしいわ。多発性硬化症を患う女性が妊娠できるって凄いことだと思う」と述べている。

ジェイミー、二人目の懐妊おめでとう!(海外ドラマNAVI)