吉田栄作、「中山秀征と共演NG」の理由がイタすぎる!

写真拡大

 7月16日放送のバラエティ番組「ウチくる!?」(フジテレビ系)に、俳優の吉田栄作が出演。番組MCの中山秀征とかつて2年間ほど不仲が原因で共演NGになっていた時代があったことが明かされたのだが、その理由と吉田の弁明に呆れる声が上がっている。

 2人の出会いは吉田のデビュー直後だったというのだが、事務所の先輩である中山から初対面の吉田に挨拶したが、吉田がそれを無視したことがきっかけで関係が悪化。仕事で共演しても一切口を利くことがなかったといい、そこから共演NGに。

 結局、初めてお酒を飲み交わした時に和解するというのだが、その時に放った吉田の言葉が痛すぎると話題になっている。

「吉田の中では中山にしっかり挨拶したと説明。というのも、吉田は『僕はちゃんと挨拶しました。背中で』と、口に出さなかったものの、背中では礼を尽くしたと中山に主張したようです。男なら背中で語れとは言うものの、まさかそれをネタではなく本気でやる人がいたとは…よく中山は許しましたよね」(エンタメ誌ライター)

 視聴者からは「これ本気で言ってたら、マジで痛いな」「絶対、中山以外にも共演NG出してたろ」「もう少し謙虚だったら、もっと成功していただろうな」「ルックス良くても挨拶ができない人間はどの世界でも上には行けない」といった声が上がるなど、ダンディな吉田が言われたい放題だ。

 この日はゲストの平野ノラの憧れの俳優という立場で登場し、平野を大いに喜ばせたが、誰が聞いても吉田に非があるこのエピソードには平野も正直引いてしまったのではないか。

(田中康)