スウェーデン等のプロジェクトから考える「ホスピタルとデザイン展」

写真拡大

 7月25日(火)まで、東京・六本木のアクシス・シンポジアギャラリーにて、グラフィックデザイナー・赤羽美和氏による、スウェーデンのセント・ヨーラン病院緊急病棟改築で実施された、ホスピタルアートプロジェクト「JAM」の製作プロセスと、同コンセプトで展開された、京都ルネス病院のプロジェクトを紹介する、「ホスピタルとデザイン展」が開催されている。

 「人は誰でも文化的に最低限保証された生活を送る権利がある」ことが法律で保証され、古くから公共施設にアートの力を取り込んできたスウェーデン。公共建築の予算の1%をアートに充てなければならないという「1%ルール」にもとづき、2013年に実施された、セント・ヨーラン病院緊急病棟改築コンペにおいて、日本の赤羽美和氏が提案した「JAM」が世界各国 200名の応募から選出された。

 「言葉に頼らないコミュニケーション」を一貫して探ってきた赤羽美和氏は、病院関係者と「丸、三角、四角」でドローイングするワークショップを実施。誕生したパターンをもとに、病棟内のガラスのパーティションや壁面を飾るアート作品の創造に取り組み、2016年春、完成したという。

 同展では、高齢化社会が加速し、今後病院と個人との関係がより身近になっていく中で、日本でも病院におけるソフト面の充実、必要性はますます高まっていくと考えられる中、デザインやアート業界にとっても、同プロジェクトを通して、医療の場にデザインが関わることでもたらされる新たな状況や可能性について考える。