Photo by cinemacafe.net

写真拡大

全米で『美女と野獣』を抑えて初登場第1位、さらに翌週も2週連続1位を獲得する大ヒットとなった『THE BOSS BABY』(原題)が、2018年春より日本公開となることが決定。赤ちゃんだけどボスの“ギャップ”に圧倒される初映像も到着した。
パパとママ、7歳のティムの3人家族のもとにやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”。弟として迎えいれられた彼は普通じゃない。見た目は赤ちゃん、知能は大人だったのだ。最初は反発しあっていたティムとボス・ベイビーだったが、やがて世界を揺るがす巨大な陰謀に挑むことに!

全世界で3,690億円以上を稼ぎしている『怪盗グルー』シリーズや『ペット』『SING/シング』のユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などのヒット作を手掛けるドリームワークス・アニメーションが初めてタッグを組んだ本作。全米ベストセラーとなったマーラ・フレイジーによる絵本「あかちゃん社長がやってきた」(講談社刊)にインスパイアされ、監督を務めるのは『マダガスカル』シリーズのトム・マクグラス。全米では初登場1位を記録し、全世界では約558億円(7月18日付、BoxOfficeMojo調べ)を稼ぎ出す大ヒットとなっている。

このたび到着した超特報映像では、喃語を喋る可愛らしい赤ちゃんの姿が映し出されるが、それも束の間、“彼”は突然こちらを振り向き、渋い顔と声で「お前らいま 思っただろう」と話しかけてくる。続けて、“おむつ論”を熱く語ったかと思えば、最後に「ボスはオレ!」と宣言! この赤ちゃんって、いったい何者!?

そのボス・ベイビーの声を務めるのは、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』から『ブルージャスミン』『ボンジュール、アン』まで幅広い作品で活躍し、最近ではトランプ大統領のものまねでエミー賞にもノミネートされ、人気を博している渋メン俳優アレック・ボールドウィン。赤ちゃんなのに、声は大人というギャップが笑いを誘う、ユーモアあふれる演技に注目だ。



『THE BOSS BABY』は2018年春、全国にて公開。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
鶴瓶ら“グルーファミリー”が離島試写会に参加!松山ケンイチ「まさかマイケルのものまねをする日がくるとは…」
【予告編】“ちょい悪”ミニオンが囚人服で大暴れ!? 『怪盗グルーのミニオン大脱走』
“何かがおかしい”…全米NO.1ヒットスリラー『ゲット・アウト』日本上陸
「かわいすぎる!」ベビー・グルートの初映像も『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
山崎育三郎が森の中で歌って踊る!「あいの結婚相談所」ミュージカルシーン先行公開