戸田和幸氏が16/17シーズンのアーセナルを分析した【写真:Getty Images, 中澤捺生/ジュニアサッカーを応援しよう!編集部】

写真拡大 (全2枚)

顕著になったエジルとサンチェスへの依存

 まもなくヨーロッパサッカーの新シーズンが開幕する。タイトル獲得や一昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていたプレミアリーグ6強クラブ、それぞれの昨季の戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。スポナビライブのプレミアリーグ解説でお馴染みの戸田和幸氏が分析する。今回は19年続いていたCL出場権獲得を逃し、アーセン・ヴェンゲル監督の去就にも注目が集まったアーセナルの1年を振り返ってもらった。(解説:戸田和幸/構成:フットボールチャンネル編集部)

---

総合評価:C

 昨季のアーセナルがCL出場権獲得を逃したのは、単純に力及ばずということだったのではないでしょうか。

 (メスト・)エジルと(アレクシス・)サンチェスの2人が多くを動かすチームで、彼ら2人を封じられると一気に試合が難しくなってしまうということ、多くの得点を挙げられるストライカーがいないことが問題だったと思います。

 そして他のクラブに比べると特定の個に依存する傾向が強いスタイルなので、どうしてもエジルとサンチェスの調子に左右されますし、また他のライバルと比較して戦力的に足りないポジションもあったと思います。

 (シュコドラン・)ムスタフィが加わった2センターバックはそれぞれの能力・ユニットとしての連携含め大きく改善されたのではないかと思いますし、(ペトル・)チェフも変わらずレベルの高さを見せていましたが、一方で左サイドバックと中盤の真ん中とストライカーについては物足りなさが残ったのではないでしょうか。

 アーセナルというチームを語る上では規律や組織よりも選手の能力とアイデアを生かす非常に流動的なスタイルがまず出てくると思いますし、そのスタイルが成績にも影響しているのではないかと考えています。

 オーソドックスな4-2-3-1システムを採用し、エジルとサンチェスを中心にチームを構成しますが、試合のパフォーマンスについては選手のアイデアやモチベージョンしだいなところはあったと思います。

 昨季に関してはエジルが時折強い批判を受けていましたが、チームのスタイルとしてサンチェスとエジルに大きく依存をしている分負担は大きくなるということと、実際に彼らが疲弊する、もしくは消された時は難しい試合になっていたという、もう少し広い部分に目を向けるべきではないかと思いました。

 ビッグプレーヤー故にパフォーマンスが良くなければ真っ先に批判を受けてしまうところはありますが、相手が「そこ」を消しにきた時のチームとしての解決策をしっかり持てていたのか考えてみることの方が重要ではないかと考えていました。

 そして(サンティ・)カソルラというコンダクターが怪我で離脱していたため、サンチェスとエジルの2人で組み立てからチャンスメイク、仕上げまでのほぼ全てをやらなければいけなかったという意味で彼ら2人にかかる負担は大きかったです。その2人を中心にチームが構成されていることもあるとは思いますが、彼らを支えたり生かしたりできるような選手が足らなかったといえるのではないでしょうか。

3バック導入の理由。昨季のMVPは?

 またアーセナルは攻撃的なスタイルを志向する、ボールを握ってナンボのチームです。ヴェンゲル監督は基本的に多くの約束事を課すのではなく、選手を信頼してピッチに送り出すタイプの監督なのではないかと思いますし、しっかりとした守備というよりはボールを保持することで守るといった考え方を持っていると思います。

 ですからロングボールを多用され、体を当てにくるような相手に対してやはり脆いところはありましたし、失点数もビッグ6の中では一番多い結果となっています。

 クリスタル・パレス戦の敗戦(第32節 0-3で敗戦)を受けて3バックに変更しましたが、4-2-3-1に変わる攻撃的なオプションという意味ではなく、あくまで応急処置的に守備から整えたいというものであって、前向きな発展性のあるものではなかったのではないかと思いました。

 もちろんオックスレイド・チェンバレンのような選手がいたからこそのシステム変更だとは思いますが、そうだとしても守備から整えたかったという部分については変わらないと思います。

 3-4-3というシステムは自陣に構えた守備になると後ろが5人・中盤が4人になるので中盤の右サイドにエジルが入りますが、やはりエジルに守備は難しいですよね。

 ホワイト・ハート・レーンでの最後のノースロンドン・ダービーとなったトッテナム戦ではエジルのところを徹底的に狙われていました。

 チェルシーのようにとは言いませんが、誰かの守備を免除するのであれば、そこに対して他でどうカバーしていくといった形を持っていなければ機能させることは難しいと思います。例えばFAカップ決勝のように常に下がることなく前に出てプレスをかけながら技術とアイデアを生かした速いサッカーができるのであれば、3-4-3でも十分機能するのではないかと思います。

 昨季のMVPを挙げるとすれば、サンチェスか(ペトル・)チェフでしょうか。いや、チェフですね。安定感は抜群ですし、ビッグセーブもできるのが一番いいですよね。ビッグセーブはできるけど安定感には欠ける、もしくは安定感はあるけどビッグセーブはない、このどちらかが多いと思いますが、チェフの場合は両方持っています。だから素晴らしいGKだと言われ続けているのだと思いますし、まだまだいけますね。

バイエルン戦で見せつけられた「違い」

 今のサッカーは戦術や戦略の部分、選手の配置などいろいろなことを考える監督が増えました。より戦術・戦略面が重要となってきた今のサッカーにおいては、選手のクオリティだけで解決できないことはやはりあります。そういう視点で見るとアーセナルというチームは様々な判断を選手に委ねている割合が高いのではないかと見ています。

 途中退場があったので数字通りに受け取れない部分もあるかもしれませんが、CLベスト16でのバイエルン戦は2試合通して見た時に「これは敵わないな」と強烈に印象づけられました。

 単純に所属している選手たちを見比べると、明らかにバイエルンの選手たちのレベルが高い。なおかつバイエルンは素晴らしく組織的で、非常に高い攻撃力も持っているチームです。そういったチームを相手にしたアーセナルは、これといった特別な策を講じることなく、2戦通じて完膚なきまでに叩きのめされてしまいました。

 戦力面で自分たちを上回る相手と闘う時には、いかにして相手の良さを消しつつ自分たちの良さを出していくかという部分が必要になってくると思います。

 そういう視点で見れば、2ndレグでは思い切ってシステムを4-3-3にして逆転を目指しはしましたが、それもオプションというよりは1stレグの結果を受けて攻めに出たもので、残念ながら付け焼刃な感は否めませんでした。

 ヴェンゲル監督はオーソドックスな形に選手を乗せて「さあ楽しもう」と、伸び伸びプレーさせることで美しいサッカーをと考えるタイプの監督だと思いますし、選手に対して試合ごとに特別に役割を与えるとか、配置を少し変えるとか、スタートから10分は徹底的にプレッシングにいかせるとか、そういった視点でゲームをプランニングするタイプの監督ではないと思います。

 となると選手のモチベージョンや個々の技術・判断力ベースで戦うことが多くなります。

 しかしサッカーは選手だけで解決出来ないことが多く存在するスポーツですから、そういう意味では当然ピッチの外の人間の役割も大きくなると思います。

 そうした時にヴェンゲル監督の持つピッチ上に意図的に有利な状況を作り出す、または難しくなった状況を改善する策を打ち出すという戦術・戦略家としての力は「ビッグ6」の監督の中では一番弱いのかなという見方をしています。

驚きだったヴェンゲル続投。新シーズンは再出発の1年

 シーズン中盤以降の成績や、ファンの反応から考えてもヴェンゲル監督の続投には正直驚きました。最後にFA杯を獲れたことで勇退という道を選ぶのかと思いましたが、クラブとしてはスポーツ的な部分だけではなく今後も続くクラブ経営なども含め考えたうえでの判断をしたのだと思います。

 これだけメガクラブの予算規模が大きくなってしまうと、アーセナルのような健全経営を掲げるクラブがCLで勝つのは非常に難しくなったといえますし、プレミアリーグで優勝することも同様だと考えます。やはり本当にタイトルを獲りたいのであれば単純にもっとお金を使わないといけませんから。

 しかしクラブには理念があります、CL出場圏内からこぼれてしまったことは誤算かもしれませんが、そこを狙える順位をキープしつつ黒字経営を続けていくことを考えると、若い選手にチャンスを与え成長させることができるヴェンゲル監督は理想の監督なのかなと思います。

 昨季に関してはFA杯を獲得し面目を保つことができましたが、残念ながらヨーロッパのカップ戦にはつながらないタイトルでした。そういう意味ではアーセナルはCLという収入源とステータスの両方を兼ね揃えた大きなものをなくしてしまいました。

 CLに出られないことがサンチェスをはじめとする既存の選手の去就にどれくらい影響を及ぼすのか、また新戦力獲得という部分でも難しさは出てくるかもしれないので、ひょっとすると新シーズンは大きくスケールダウンしてしまう可能性はあります。

 CL出場権という経営・クラブのステータスという意味で大きな意味を持つものを失くしてしまったアーセナルは、それをもう一度取り戻すための、もしくはそこに向かう準備をするための1年にできるのか。はたまたそのまま中位へとこぼれていくかもしれない難しいシーズンになる可能性もあります。

 仮に選手の質とボリュームがダウンするとして、ヴェンゲル監督がどんなチームを作ってくるのか、もしくは既にリヨンから(アレクサンダル・)ラカゼットの加入が発表されましたが、戦力的に維持・増加が見込めたとしてCL出場権とプレミアリーグ優勝に向けて何か新しいものを用意し見せてくれるのかという、非常に興味深いシーズンとなることもまた間違いありません。

(解説:戸田和幸/構成:フットボールチャンネル編集部)

text by 戸田和幸