高橋敏之・The Japan Times ST編集長

写真拡大

英語を学ぶ人は、一度は「英字新聞」を読破したいと考えるのではないだろうか。だが、学習者向け英字紙の編集長は「全部読むのだけはやめてください」と話す。その理由とは――。英会話教室イーオン・三宅義和社長の対談連載。今回の相手はジャパンタイムズの高橋敏之氏。前後編の前編をお届けします。

■「全部読むのをやめて」とアドバイス

【三宅義和・イーオン社長】今回は『The Japan Times ST』第11代編集長の高橋敏之さんにお越しいただきました。日本で最も歴史のある英字新聞「The Japan Times 」が全て英語であるのに対して、『The Japan Times ST』は日英バイリンガル週刊紙。主に英語学習者向けにつくられているもので、以前は「Student Times」とか「週刊ST」と呼ばれていました。今回は、英字新聞の使い方についてうかがっていきたいと思います。

「The Japan Times」は今年120周年だそうですね。創刊が1897年、明治時代です。一方、「The Japan Times ST」の前身である「Student Times」は1951年の創刊です。実は、私の生まれた年でもあります。

【高橋敏之・The Japan Times ST編集長】「The Japan Times」は日本の現状と世界の動向を、外国人を中心に国内外に発信している媒体です。ただし、英語学習者が語学を学ぶために読む、という役割もあります。これに対して「The Japan TimesST」は、英語学習者向けに特化した編集を心がけています。

【三宅】主な読者層はどのような方々ですか?

【高橋】発刊当時は学生向けでした。ただ卒業後も継続して読んでくれている人がいます。さすがに「Student(学生)」と書いてあると、ちょっと買いづらいという意見があり「ST」と略しました。編集部としては、だいたい英検準2級から1級に合格するまでの人たちをフォローできるような紙面構成を心がけています。つまり、ある程度英語ができる人が対象ですが、新しく学ぶ単語、言い回しなども多くあるはずです。それらを最新のニュースで学べるというところが特長になります。

【三宅】ビジネスマンや主婦、年配の方もいるわけですね。

【高橋】はい、幅広いですね。学生向けというと易しいというイメージを持たれます。「『The Japan Times』なら読むけど……」という人たちも多いと思いますが、やや敷居が高い。「あなた、そこに書いてある英語を理解するだけでなく使えるんですか」となると、まだ自信がないという方は多いのではないでしょうか。そこを「ST」がフォローしている感じです。

【三宅】実はそれが英語学習上の、すごく重要なポイントだと思うのです。どうしても日本人は、英文が読めると、そこでもうわかった、理解できたと。しかし、実際に外国人と会話や仕事で使えるというのは、また別問題です。わかるからと言って使えるとは限りません。でも、使えるのはこのあたりまでなのに、皆さん、難しいものに手を出したがる傾向があります。やさしいものをバカにせずに、それを使えるようにするというのが英語上達の近道です。

その意味で「ST」には、カラフルな写真も多く、記事の要約が日本語のリードになっていますし、難解な単語、熟語の解説もありますから、いちいち辞書で調べなくていい。読者にとって、本当に親切ですよね。

【高橋】辞書自体には有益な情報が書いてあるんですが、どうしても調べるのがおっくうになってしまい読むことをやめてしまいがちです。映画のコーナーは対訳にしてあります。訳と照らし合わせることによって、いろんな発見があるんですよ。

【三宅】1面のトップニュースは誰が決められているのですか。

【高橋】私が中心となって決めています。その週に起きた、一番大きなニュースであることと、それから読者の皆さんが興味を持ちそうなテーマであることと、ある程度、写真映えするということが大事になってきます。

■どのレベルを目指すかを明確にすべき

【三宅】英語学習において、自分の興味がないものをやるほど、つまらないものはないわけです。バラエティーに富んでいるというのは、自分に興味があるものが、必ず紙面のどこかにあるということになりますよね。

【高橋】極端な言い方かもしれませんが、「全部読むのだけはやめてください」と私はアドバイスしています。毎週、読破しようと思ったらつらくなります。英語力うんぬんの前に時間がないと読破することができないですから。

よく読者の方から「今週は2ページも残してしまいました。申し訳ございません」といったメールを受け取るんですけど、「いいですよ」と。興味のないものを無理して1本読むなら、興味のあるものを3本読んでくださいというのが、われわれの立場です。

全ページで8000語ぐらいの英文が載っているんです。それが全部読めれば、理想ですけれども、私としては最初のうちは1000語でいいと思っています。ですから、8分の1でいい。余裕のある人でも2000語。4分の1ぐらいで結構ですから、まずは興味や関心に合ったものから読んでいただきたいですね。

【三宅】英字新聞で学習する際、自分の気に入った記事を繰り返し声に出して読むというのはどうでしょうか。興味のないものを声に出して読めと言われても、大変ですが、興味のある記事を繰り返し読む。声に出して読むと、だんだんと使えるレベルに近づくということがありますよね。

【高橋】非常にいいと思います。私はとにかく辞書を引かずにサッと読んでくださいと言っているんですけど、反対に週に1本でいいから、しっかり辞書を引きながら読むことも英語力のアップには必要です。そのとき、三宅社長がおっしゃったように音読までするとさらに効果的です。

編集部の推薦ページは「エッセイ」です。現在は、いろんな国籍のネイティブ・ライターが執筆していますが、アメリカ人やカナダ人、ニュージーランド人、シンガポール人など、非常に厳しい基準でライターを選考しています。また、大学入試問題にもよく採用されています。手前味噌ですけれども、やっぱりこれぞ英語の名文というのを載せていますので、ここはじっくりと読んでいただきたい。

その際、ぜひ行ってほしいのが「サマライジング」、いわゆる要約です。英文記事を読んだら、3文でいいから、それを自分の言葉で英語にしてみると。これ、難しいようで、意外とそうでもないんです。

【三宅】実際に実力がつく効果的な学習法ですね。すべての英語学習者に勧めたい。最近、英語学習についてはさまざまなメソッドが流行していますが、こうした状況をどうみますか。

【高橋】私が気になるのは「こうすれば英語が身につく」とか、「話せるようになる」というキャッチコピーがありますが、何をもって身についたというのか、また、どのレベルになったら話せると言えるのかを明確にしない教材が多いということ。

また、趣味として英語をやりたいだけなのか、実際に上達したいのかが曖昧なケースが多いです。「上達したい」と言うものの、やっていることは趣味の域を出ていない人が見受けられます。スポーツであれば目的が「趣味」なのか「上達」なのかがはっきり分かれていますよね。英語でも上達を目指すなら、それなりのことをしなければならないという意識を持つべきです。

【三宅】どのレベルを目指すのか、教える側も教わる側も明確にするべきですね。

【高橋】英語がレクリエーションでも、もちろんいいです。しかし、留学するとか、入試や就職などの試験で何点以上を狙うというのであれば、「これだけのレベルは必要だ」と伝えるべきでしょう。私の周囲でも「やっぱりそうだと思っていたけど、言ってもらって納得した」という声はすごく多いです。

【三宅】自分の英語がどのレベルかを知ることをこわがってはいけない。ショックを受けるかもしれません。しかし、ある意味では、そこからが本当の英語学習のスタートです。

(イーオン代表取締役社長 三宅 義和 構成=岡村繁雄 撮影=澁谷高晴)