インド首都ニューデリーで、新大統領に選出されて祝福を受けるラム・ナート・コビンド氏(中央、2017年7月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】任期満了に伴うインド大統領選の開票が20日行われ、与党インド人民党(BJP)が擁立したカースト制度の最下層「ダリット(Dalit)」出身のラム・ナート・コビンド(Ram Nath Kovind)氏(71)が当選した。1947年のインド独立後、ダリット出身者が大統領に選ばれたのは2人目。

 弁護士や州知事として活躍したコビンド氏は、BJPのナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相の指名で大統領選に出馬。選挙管理委員会によると、国会議員と州議会議員による17日の投票で、65%を超える票を獲得した。

 インドの大統領は国家元首だが政治的な実権は持たず、主に儀礼的な役割を担う。任期は5年。

 専門家らはコビンド氏の当選について、かつて「不可触民」と呼ばれたダリットの有権者らに重要なメッセージを送り、モディ首相の権力基盤や政治資本の強化につながるとみている。

 野党の国民会議派(Congress Party)もダリット出身のメイラ・クマール(Meira Kumar)元下院議長を候補としたが、与党側の勝利という事前の予想を覆せなかった。
【翻訳編集】AFPBB News