いよいよ夏休みシーズンに突入!休みの間に彼氏と旅行に行く計画を立てている人もいると思いますが、せっかくならお互いの気持ちがより深くなるような、楽しい旅行にしたいはず。

しかしオンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」が10代〜60代の男女90名を対象に行なった調査によると、実際は「旅行の準備中、または旅行中に相手とケンカになった」人が52.9%もいることが明らかになりました。半数以上の男女が、旅行がらみで恋人または夫婦でもめてしまうのです。

旅行中のケンカは逃げ場がないので、こじれることが多いようです。

飛行機やホテルの段取り、そしてお金の負担……すべて男性主体の傾向

なぜ楽しいはずの恋人や夫婦との旅行なのに、半数以上の人がケンカをするのでしょうか?その原因が垣間見えるのが、旅行の準備段階における男女の役割。まず「飛行機やホテルの手配」を男女どちらが行なっているかの調査結果を見てみましょう。

飛行機やホテルの手配(男性)

1位 自分で手配した……85.7%

2位 相手が手配した……9.5%

3位 二人で分担した……4.8%

 

飛行機やホテルの手配(女性)

1位 自分で手配した……63.8%

2位 相手が手配した……21.3%

3位 二人で分担した……14.9%

男女とも「自分で手配した」が1位ですが、「相手が手配した」「二人で分担した」と答えた女性の多さを見ても、女性より男性が手配する割合が高い傾向にあるといえそうです。

次に男女間の「旅行費用の分担」についても調査していますが、こちらははっきりとした傾向が出ています。

国内一泊旅行でもひとり1万円はかかるはず。そう考えると全額負担の男性の負担は大きい。

旅行費用の分担(男性)

1位 全額自分が払った……42.9%

2位 半分ずつ払った……28.6%

3位 自分が多めに払った……19.9%

4位 相手が多めに払った……4.8%

5位 その他(家計から出した)……4.8%

6位 全額相手が払った……0.0%

 

旅行費用の分担(女性)

1位 半分ずつ払った……29.8%

2位 全額相手が払った……27.7%

3位 全額自分が払った……10.6%

3位 相手が多めに払った……12.8%

5位 その他(家計から出した)……10.6%

6位 自分が多めに払った……8.5%

「全額支払った」と回答した男性が42.9%。その他の回答を見ても、明らかに女性より男性が旅行費用を多く支払っていることが分かります。つまりこの2つの結果を総括すると、男性は女性の分まで飛行機やホテルの手配し、さらに費用も多く負担している傾向にあるのです。

お金も段取りも男性主導なのに!女性は感謝が足りない!?

さらに同調査では旅行中の「ケンカの原因」について男女別に調査しています。先ほどの2つの結果を踏まえつつ、この調査結果を見てください。

ケンカの原因(男性)

1位 相手の態度が悪かった……40.0%

2位 旅行の目的・行きたい場所が違った……30.0%

2位 準備を手伝ってもらえなかった……30.0%

4位 価値観が違った……20.0%

4位 段取りが悪かった……20.0%

 

ケンカ原因(女性)

1位 価値観が違った……36.4%

2位 相手の態度が悪かった……31.8%

3位 旅行の目的、行きたい場所が違った……22.7%

3位 段取りが悪かった……22.7%

5位 準備を手伝ってもらえなかった、金銭感覚が違った……13.6%

男性1位は「相手の態度が悪かった」。旅行費用を多めに負担し、さらにホテルや飛行機の手配もした結果、「相手の態度が悪い」となれば、確かにムッとする気持ちはわかります。さらに3位の「準備を手伝ってもらえなかった」(30.0%)も、ガッカリするのは当然です。男性からすると「こんなに一生懸命やったのに何その態度?」「少しくらい手伝ってほしい」となるでしょう。

一方、女性は「価値観が違った」が1位。せっかくお金を出して段取りを整えてくれても、相手の考え方などに「なんか違う」と違和感を持ってしまうことは、ないことはないでしょう。女性の立場になって考えてみると、いくら一生懸命セッティングしてくれても、相手の態度が悪くていいわけではありません。女性からすると「それとこれとは別」なのです。

「タダより高いものはない」は旅行にかぎらず男女関係のさまざまな場面で当てはまりそうです。

そう考えると旅行中のケンカを減らすには、お金や旅行中の段取りなどをどちらか一方が負担するのではなく、対等に準備を行なうのが重要だと思います。そうすると何か食い違いがあったとしても、「せっかくやってあげたのに」という一方の不満を食い止めることができるのではないでしょうか。

そう考えると相手にお金の負担や段取りをお任せするなら、やはり旅行中はそれなりの誠意と感謝を表さないと、トラブルの元になるようです。やはり何事も、タダより高いものはないということでしょうか?

【調査結果】
調査タイトル:「カップル・夫婦の旅行事情」に関するアンケート調査
調査対象: 10代〜60代の男女90名
調査期間:2017年7月4日(火)〜7月11日(火)
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社DeNAトラベル