夏祭りで家族団らんのほしのあき

写真拡大

 インターネットのGoogleの検索ボックスに「ほしのあき」と入力すると、検索予測キーワードのトップに表示されるのは「離婚」の2文字。それだけ、一世を風靡した元グラドル・ほしのあき(40才)と才能溢れる競馬ジョッキー・三浦皇成(27才)の「年の差夫婦」の行く末は世間の注目の的だ。

 7月中旬の3連休、東京都心の気温はいずれも30℃半ばまで上昇して、いよいよ夏祭りのシーズンイン。東京・世田谷の神社の境内では、ホタルが見られることで有名な祭りが催され、浴衣を着てかき氷をほおばる地元の家族連れでごった返していた。

「黒レースのロングワンピを着たスタイルのいい色白美人がいるなと思ったら、ほしのあきさんでした。ジメジメとした暑さの中、ロングヘアを束ねる姿が妙に色っぽくて、振り返って驚いていたお父さんたちも多かった(笑い)。すぐ横には幼稚園に通う娘さんの手を引く旦那さんの姿もありました。飲み物を買ったり、あんず飴の屋台に寄ったり。なぜか子供の面倒はほしのさんじゃなくて、ずっと三浦さんがみてましたけど、なかむつまじい家族の姿でしたよ」(居合わせた客)

 ほしのは2012年4月に長女を出産した後、表舞台にはほとんど出ず、芸能活動は休止状態。ところが今春、仲のいいママ友の吉川ひなの(37才)がほしのと一緒に写った写真をSNSにアップすると、「アラフォーなのにキレイすぎる!」「奇跡の40才」などとネット上が騒ぎになるほど、その美貌は今でも健在で復帰を望む声も多い。

 そんなほしのだが、結婚当初から夫婦仲を不安視する報道が続いてきた。

「まずは三浦騎手の恩師にあたるベテラン調教師が13才年上のほしのとの結婚に猛反対と報じられたのを皮切りに、結婚披露宴からちょうど1年という時期に三浦騎手が泥酔して女子大生にキスした写真が出回ったり、出産を機にほしのが実家に帰って別居が始まったとか、事あるごとに“不仲説”が報じられました。

 昨年8月、三浦騎手が北海道でのレース中に落馬して肋骨を9本、骨盤を5か所骨折し、ICUに入るほどの大けがをしたときには、ほしのが北海道の病院に駆けつけなかったという情報も流れて、さらに離婚危機が囁かれたんです」(芸能関係者)

 ところが、冒頭の祭りでの目撃談しかり、夫婦仲は至極順調のよう。競馬関係者が明かす。

「大けがを負った三浦のリハビリの送り迎えはいつもほしのさんで、献身的に支えていました。たしかに遊び方も派手だった三浦ですが、けがをしてからは治療に専念して飲み歩くこともなくなり、家族と過ごす時間が長くなって、夫婦仲も縮まったのではないでしょうか」

 三浦は8月中旬の北海道のレースで復帰予定だ。

※女性セブン2017年8月3日号