メンタルトレーナー後藤 史(株式会社リコレクト)

写真拡大 (全5枚)

 価値あるマイノリティの取り組みを紹介する連載企画――。今回注目したのは、自己肯定感をキーワードとして目標達成をサポートするメンタルトレーナー。異国で進路を見定めた元なでしこリーガーだ。
 
―――◆―――◆―――
 
 メンタルトレーナーの後藤史(ふみ)は、不振や停滞の原因を感情から探り出す。その時、どんな感情の支配下にあったのか――。感情は出来事への反応から、無意識のうちに生じている。意識ではコントロールできない、ありのままの自分だ。
 
 記憶は感情と結びついている。その選手が試合前、焦りの感情の支配下にあったと思い出せば、後藤は質問を重ねる。Q「焦っていたのは、なんででしょう?」→A「監督の目が気になっていたのかも」→Q「どうしてですかね?」→A「半年前からレギュラーを外されていて」→Q「何かあったのですか?」→A「こういうプレーができなくて……」。
 
 時間をかけて、トレーニングを受ける本人が自身の現状を把握し、受容するための質問を重ねていくのだ。心の深層に埋もれていた不振や停滞の原因となる心的状況を共有し、目標達成のための理論を提供する。
 
 快活でよく笑う後藤は、元なでしこリーガー。そんな彼女がメンタルトレーナーを職業としているのも、日本を遠く離れたスペインでありのままのできない自分を受け入れ、自問自答を繰り返し、心の持ち方を少しずつ変えてきたからだ。
 
 気になって、取材の最後に確かめた。全部書いていいのかと。
 
「全然大丈夫です。今、わたし、自信を持って生きていますから」
 
―――◆―――◆―――
 
 後藤が日本を飛び出したのは2010年。23歳の夏だった。門を叩いたのは、マドリードのラージョ・バジェカーノ。スペイン屈指の強豪であり、10-11シーズンには女子1部リーグでの3連覇を果たしている。後藤がトライアウトをわざわざ受けてラージョに入団したのは、大舞台を見据えていたからだ。UEFA女子チャンピオンズ・リーグ。選ばれし者しか出場できないその大会を経験できれば、なでしこジャパン入りの道が開けてくるかもしれない。
 
 ところが思ったようには行かなかった。言葉がまったく通じない。ピッチの上でも持ち味を出せなくなり、出番は減る一方だった。そして日本を離れておよそ半年という冬の日に、“事件”を起こす。風邪を引いたと嘘をつき、練習をサボったのだ。目の前の苦しさから逃避したという事実が、後藤をさらに落ち込ませた。
 
「子どもの頃から、いつもちゃんとやんなきゃ、できる子でいなきゃという意識がすごく強かったので」
 
 後藤はずっと“看板”を背負ってきた。実家は幼稚園で、両親はその先生、創設者の祖父は寺院の住職でもあった。幼稚園の子、お寺の子という看板に見合った、しっかりとした自分でいなければ――。高校、大学、なでしこリーグと、サッカーでも周囲に認められてきた。自らの意思で日本を離れる23歳までは。
 仮病でラージョの練習をサボった後藤は、それから3日間、マンションの一室に閉じこもる。
 
「事故に遭わないかな」
 
 そこまで思い詰めていた。チーム内では孤立しており、誰からも認めてもらえない。スペインに来るまでの“できていた自分”とのギャップに苦しみながら、しかし日本におめおめと帰るわけにもいかなかった。
 
 3日間、何も食べなかった。私なんか、このまま衰弱すればいい。言い訳ばかりを考えていた。プライドを保ったまま、カッコよく日本に帰国するには、どうすればいいのか。
 
 4日目の昼、ついに外に出た。
 
「お腹がグーグー空いてきて。結局、食欲が勝っちゃったんですよ(笑)」