ドルトムントFWエムレ・モール、槙野もお手上げだった“神ターン”を見たか

写真拡大 (全3枚)

埼玉スタジアムで行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017、浦和レッズ対ドルトムント戦。

このゲームで大活躍したのが、“トルコのメッシ”と期待されるエムレ・モールだ。

加入1年目となった昨シーズンはブンデスリーガで500分ほどしか出場機会が与えられなかったエムレ・モール。

しかしそのポテンシャルは本物であり、この試合では後半スタートからの出場となったが、2得点をあげる活躍を見せた。

ゴール以外にも様々な好プレーを見せたエムレ・モールだが、なかでも才能を感じさせたのがこのシーンだ(01:54:18から)。

1-0と浦和にリードを許した69分、最終ラインでボールを回していたドルトムント。

ソクラティス・パパスタソプロスから縦パスが入ると、これに槙野智章が素早く反応。受け手に対していち早くチェックに行くも、エムレ・モールが一枚上手であった。

パスが出る前、そして出た後にそれぞれ一度ずつ背後を確認し、槙野が来ないであろう斜め手前にトラップ。

槙野のプレススピードは及第点であったのだが、これはエムレ・モールのプレーが巧みであった。周囲を確認する視野、瞬時の判断、そして吸い付くようなボールコントロールはまさに世界レベルだ。

エムレ・モールがあげた2点目も、槙野を振り切るシーンから始まっていた(00:51から)。

試合後、槙野は対峙したエムレ・モールについて「速かったですね」とコメント。

「2、3回マッチアップでガツンと行けたので、彼もいらだっていたし、自分のほうにペースを持って行けたかと思っていたんですが、さすがは世界と戦う選手でした。やっていて楽しかったですけど、止めないといけない相手だった」と振り返った。

また、ピーター・ボス監督もエムレ・モールについて「彼は素晴らしい才能を持っている。ただ、いつドリブルをするのか、いつパスをするのかを学ぶ必要がある。それを学ばせることが私の重要な役割になるでしょう」と高評価していた。