スタイリストに聞いた! 女っぽさがUPする「夏のアウトドアコーデ」3選

写真拡大

彼とのデートでは、相手に「女性らしい」と思ってもらいたい。そう考えるのは、女性なら当たり前のことですが、夏場はなかなか難しいところがありますよね。

男にはたまらない! 女子の「あざと可愛い仕草」7つ

例えば、女性らしさのつもりだった“肌見せ”について「ちょっと見せすぎじゃない?」と怒られてしまったり……。

アウトドアデートなら、「こんな格好で来たのかよ!?」と思われない程度にオシャレもしたいし、トレンドも取り入れたい、というのが本音ですよね。

今回は、そんな夏のアウトドアデートにぴったりなコーディネートを、パーソナルスタイリストの新田佳代さんに教えていただきました。

ほどよい鎖骨&肩出しの「ヘルシーコーデ」

オフショルダーが大流行中ではあるものの、「出しすぎだと彼に怒られそう」、「甘めな印象になりそうで、勇気がない」などといった理由でなかなかチャレンジ出来ない方も多いのではないでしょうか?

「今年はオフショルだけでなく、程よい肌見せ服が豊富です。肩や背中が広めに開いたデザインのものを選べば、“ヘルシーなんだけど、ほどよくセクシー”なコーデになりますよ」と、新田さん。

トップスで肌見せをしているので、ボトムはデニムでカジュアルダウンすると、バランスがとりやすいそう。

また、シューズは女性らしいラインのフラットシューズで、動きやすいのに女らしいカジュアルスタイルにすると、アウトドアデートにもぴったりです。

アウトドアデートでは、「ある程度アクティブに動けるかどうか」も彼の中の評価基準に入ってきますから、このコーデはぴったりと言えるかもしれません。

インナーを流行のレースタンクにする「ちょっぴりセクシーコーデ」

アウトドアデートの定番アイテムといえば、動きやすいパンツにスニーカー、Tシャツ。ですが、そのままでは彼をドキッとさせるようなポイントも、オシャレさもないコーディネートになってしまいますよね。

「そんな時は、インナーを流行のレースタンクにしてみて」と、新田さん。

やぼったくなりがちなアウトドアの定番コーデも、セクシーなレースタンクを合わせるだけで一気に女性らしくなります。

さらに、新田さんは「羽織っているシャツは肩を少し落として、肌をチラ見せするのもオススメですよ」とのこと。

動けるだけでなく、レースの華やかさで女性らしさやセクシーさもプラスされて、彼も思わずドキッとしてしまうこと間違いなしです!

メンズライクシャツ+肌見せハーフパンツの「ギャップコーデ」

アクティブデートの鉄板といえば、ショートパンツ!

新田さんによれば「今年はショートパンツブームが再燃中なんです。プチプラブランドからも多く販売されています」とのこと。

ですが、ショートパンツはどこか生々しい印象があって、彼をドキッとさせづらいように感じるのは筆者だけではないはずです(ムラっとはあっても)。

「そんな時は、ギャップを狙った組み合わせを!」と、新田さん。

メンズライクシャツ+肌見せハーフパンツの「ギャップコーデ」。キチンと感のあるシャツは露出が少ないので、ボトムをショートパンツにして少々脚を見せてもいやらしい感じになりづらいのです。

新田さんによれば「ルーズなシルエットのシャツは、彼に借りてきたような印象を感じさせることもあり、好きな男性も多いはずですよ!」とのこと。

それだけでなく、リネンシャツはオールシーズン着回しが効く万能アイテムでもありますから、1枚GETしておいて損はないはず!

それさえあれば、ペアルックまではいかないけれど、ほどよく彼とリンクしたコーディネートも組みやすいですから、ラブラブ度もアピールできるのではないでしょうか。

いつもとは違った一面を彼に見せたい気持ちもありつつ、シーンに合ったファッションを身にまとっていたい気持ちもありつつ、ドキッとさせたい。女ゴコロはとってもわがままではありますが、今回新田さんが教えてくれた3つのコーディネートは、きちんと条件をクリアしているのではないでしょうか。

この夏、アウトドアデートも目一杯楽しんで、より彼をメロメロにしちゃってくださいね!

【取材協力】
※ 新田佳代:パーソナルファッションスタイリスト/KOE 岡山 公式スタイリスト。元セレクトショップの店長、バイヤー。寿退社後、「もう一度好きを仕事にしたい」と思い、2016年にパーソナルスタイリストとしてデビュー。岡山でのお買い物同行やセミナー、ママ向けサークル『キビ☆ピース』のファッション講師を担当している。

2017年3月から、初のKOE公式スタイリストとしても活動しながら、Instagramで日々のコーデを発信中。