トロサバ寿司一本で事業を起こし、人気店に成長したサバ料理専門店「SABAR」を立ち上げた右田孝宣社長 Photo by Hatsuyo Hashinaga

写真拡大

トロサバ寿司一本で事業を起こし、1号店開設からわずか3年で国内外に13店舗を展開するまでに成長した人気サバ料理専門店「SABAR」(「人気のサバ料理専門店は、社長がサバ嫌いだったから生まれた」参照)。ユニークなPR戦略とブランディングで事業拡大してきた右田孝宣社長だったが、サバに特化した製造販売事業は予想以上に効率が悪かった。創業から6年目には倒産の危機に直面。このとき、突破口を拓いたのが、ネットを通じて少額投資を募る「クラウドファンディング」だった。(フリーライター 橋長初代)

非効率で無理なビジネスと
ワンマン経営が招いた「天国と地獄」

 念願の阪急百貨店うめだ本店に、トロサバ寿司の販売店「鯖や」をオープンした2012年秋。右田社長は経営者として初めての試練を味わうことになる。資金繰りが悪化し、月500万円ほどの人件費を捻出できない状況に追い込まれていたのだ。

「2013年2月に預金残高がとうとう1万5002円になったんです。それで資金繰りのために、預金を全て下ろし、生命保険もすべて解約しました。その上で、役員報酬も止めて、2〜3ヵ月は持ちこたえるところまでなんとかしました。税理士からは、金融機関に対しリスケを要請しようと提案されましたが、たとえ苦しくてもそれだけは避けたかった。世の中から必要とされない企業なら潰れた方がいいし、必要とされるなら必ず生かされる。そう信じて、リスケせずに乗り切ると言いました」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)