17日、韓国のインターネット掲示板に「日本の美的感覚」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーたちが高い関心を寄せている。写真は京都の通り。

写真拡大

2017年7月17日、韓国のインターネット掲示板に「日本の美的感覚」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーたちが高い関心を寄せている。

スレッド主は、日本の風景を写した画像を5枚掲載している。カフェや呉服店が立ち並ぶ小道、単線ののどかな光景を走る2両編成の電車、路地裏の飲み屋街、伝統的な日本家屋の間の路地、飲食店が連なる昔ながらの商店街など、京都と思われる風景はどれも味わい深い。スレッド主も「日本はどの国にもまねできない特有の路地の雰囲気がある。電車が通る小道もあるし。だから観光地として人気があるのだろう。独特で魅力的で、きれい…」と、かなり酔いしれてるようだ。

他のネットユーザーからも「うわあ」「心を奪われた」という感嘆の声が上がり、「日本のいいところは、大都会でも過去と現在が共存していること」「アジアで唯一、美的感覚が光る都市の景観」「確かに、韓国より上を行ってる感じがする」「日本はしっかり整理整頓されてすっきりしたイメージ」と称賛コメントが多く寄せられている。

一方では、「写真だからね」「韓国にも多いよ。撮影やライティングの効果で写真ならどこの路地もきれいに写るでしょ」「こんなの全然だよ。日本人の美的感覚は“ガラパゴス”で有名だ」と反論コメントもあり、「僕は韓国のごちゃごちゃした感じが好きだな」と韓国の風情をアピールしたり、「反対に島国の日本人が韓国に来たら、日本と違って豊かで和やかな風景だと思うのかも。『隣の芝生は青い』って言うし」と主張したりするユーザーもみられた。

また、「朝鮮戦争や日本統治時代のせいで古い建物や道、橋がすべて壊された。今の韓国には過去の姿はない。それが残念」と、韓国の現状を嘆くコメントもあった。(翻訳・編集/松村)