iPhone8の背面を覆うリアシェルとされる金属製パーツの写真を、各種ガジェット製品のリーク情報で知られるSlashleaksが公開しました。Appleロゴの下に、Touch ID用の穴があけられています。

背面にTouch ID?

Slashleaksが公開した写真には、縦に並んだデュアルカメラと、Touch IDがAppleロゴの下に配置された金属製のリアシェルが写っています。
 
iPhone8のTouch IDについては、有機EL(OLED)ディスプレイに埋め込む技術上の問題から、背面への搭載も検討されている、と報じられていた上に、背面へのTouch ID搭載を示す図面も流出しています。

金属製だとワイヤレス充電で不利に

写真にあるとおりiPhone8の背面パネルが金属製だとすると、iPhone8が対応すると噂されているワイヤレス充電には不利になります。
 
Appleは、複数の試作品を製作し評価したうえで最終量産モデルを確定するプロセスを踏むため、今回の画像が製品として量産されるiPhone8とは異なる可能性もあります。

iPhone8には「鏡面」モデルとの噂も

iPhone8のカラーバリエーションには、「鏡面仕上げ」モデルが追加される、との情報があります。また、Appleが透明な層に金属の粉末を封入することで、傷に強く光沢のあるデザインを実現する技術の特許を申請していたことも明らかになっています。

 
 
Source:Slashleaks
(hato)