ヴェンゲル監督、「弟子」シュチェスニとの別れを語る

写真拡大

アーセナル公式サイトは、ヴォイツェフ・シュチェスニに対するアーセン・ヴェンゲル監督のコメントを掲載した。

19日にユヴェントスへの完全移籍が決まったシュチェスニ。16歳からアーセナルで育ち、11年間所属してきた彼が、ついにチームを離れた。

少年の頃から彼を見てきたヴェンゲル監督は、この別れについて以下のように話し、ユヴェントスでの幸運を祈ったとのこと。

アーセン・ヴェンゲル

「我々はシュチェスニがうまくやってくれることを願っているよ。私は、彼はアーセナルの男だと思っている。

アーセナルの男である。しかし、我々は多くのトップクラスのゴールキーパーを備えている。彼にはイタリアに残るチャンスを与えたんだ。

ユヴェントスは彼を今夜買った。契約は1年だけしか残っていなかった。私は思う。これは彼の将来にとってとても良いものだとね。

なぜなら、彼はおそらくジャンルイージ・ブッフォンの後を継ぐことになる。そして、それをうまくやってくれるだろう。

彼は常にアーセナルへの感謝を持ってくれるだろう。キャリアの大きなステップになったからね。

我々が育てたキーパーを見れば、彼らは皆うまくやっている。我々はもちろんヴォイツェフを持っていたが、今はエミリアーノ・マルティネスがいる。さらにマット・メイシーもその後ろにいる。皆とても、とてもよくやっている」