ロボットが作る世界最小級のシューズ工場が3日間限定オープン

写真拡大 (全3枚)

2本のコードと1枚のソールで編み上げられた「KEEN」のオープンエアスニーカー「UNEEK」は、デザインも目を引きますが、快適さでも人気のフットウエアです。その「UNEEK」を製造するロボット"UNEEKBOT"を稼働させる世界最小級のシューズ工場が期間限定オープンです。
KEENの「UNEEK」を作る世界最小級ファクトリーが誕生

KEENでは、2015年からロボットエンジニアリングカンパニー「House of Design,LLC(ハウス オブ デザイン)」と協力し、UNEEKの製造ロボットのコンピュータープログラムの開発を行い、"UNEEKBOT"を作り上げました。
従来、手作業で行っていたUNEEKの2本のコードを編み込む作業を機械化することにより、シューズの製造時間の短縮やカラーやマテリアルのカスタム化も可能にしたそう。しかも、ロボットが行うので、人件費や土地代が高いエリアでも生産することができます。さらに、現在工場がある中国やベトナムからの輸送コストや時間、輸送に伴う二酸化炭素の排出量も抑えることができ、環境にもやさしいファクトリーの誕生です。
その"UNEEKBOT"を目の前で見ることができる「UNEEKBOT FACTRY STORE」が、7月21日から23日まで原宿にオープンします。UNEEKが作られる様子を見て、お買い物も楽しめますよ。
限定UNEEKも登場するポップアップストア
3日間限定のストアでは、"UNEEKBOT"が制作する限定UNEEKが販売されます。KEENのサイト内で実施中の世界のさまざまなジャンルの表現者たちとのコラボレーションアート紹介に登場しているアーティストの作品展示も行われます。コラボアートを採用したTシャツの販売や、このアートをプリントするシルクスクリーンのワークショップなども。このほかにも、期間中は、毎日豪華なイベントを楽しめるそう。すでに、UNEEKを愛用している人にとっては、限定品を購入できるうれしい機会ですし、まだ履いたことのない人によっては、まさにユニークなUNEEKを試すことができる限定ストアになりそうです。
今後は、日本国内のKEEN直営店や世界各国の取扱店舗でも"UNEEKBOT"の設置を展開予定なのだとか。目の前で、カスタムメイドというのも夢じゃなくなりそうですね。まずは、今週末、愛用中のUNEEKを履いて、"UNEEKBOT"に会いに行ってみます。

「UNEEKBOT FACTRY STORE」
会 期:2017年7月21日(金)〜23日(日)場 所:BANK GALLERY(※UNEEKBOTは1Fエントランスにて18日〜23日まで公開展示) 住 所:東京都渋谷区神宮前6-14-5 営 業:11:00〜20:00