インドのスシュマ・スワラジ外相(2015年9月29日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インドのスシュマ・スワラジ(Sushma Swaraj)外相は20日、中国と対立を繰り広げる国境問題において、国際社会が自国の立場を支持しているとの見解を示すとともに、小国ブータンがこの問題で中国に対し、果敢に立ち向かっていると称賛した。

 ブータンと中国の関係をめぐっては、両国間で領土の係争地域となっている高地で、中国の人民解放軍が道路の建設工事を開始し、1か月超にわたってこう着状態が続いている。

 スワラジ外相は領土係争地域をもし中国が奪取すれば、自国の安全が危険にさらされる可能性があると再度主張。インドの上院議会において外相は、「インドの立場は間違っていないと、全ての国が理解している」と述べ、「正義はわれわれの側にある、これも他の全ての国から受け入れられている」と強調した。

 また同外相は小国のブータンが巨大な隣国である中国に屈することなく、「果敢な」態度を取っていると称賛。ブータンと中国の間に正式な外交関係は結ばれていないが、ブータンは道路建設が2か国の合意の「直接的な違反」に当たるとして中国側に抗議していた。

 一方で中国外務省も18日、インドによる「違法な侵入」に外交官らが「衝撃を受けている」と述べ、自国も国際的な支持を得ていると主張した。
【翻訳編集】AFPBB News